本文へ移動
メニューへ移動
酸性雨について、豊橋市ではどのくらいの濃さ(pH:ペーハー)の雨が降っているのですか?

酸性雨について、豊橋市ではどのくらいの濃さ(pH:ペーハー)の雨が降っているのですか?

pHとは、酸性の度合いを示すもので、7が中性となり、それより数が小さいほど酸性が強くなります。
酸性雨とは、一般にpHが4~5の値を示す雨が降ることをいい、ふつうの雨はpH5.6を示します。
豊橋市内では、昭和62年度から愛知県が豊橋市保健所(富本町)において、酸性雨の年平均値を調査しており、平成16年度におけるpHの年平均値は5.03でした。
更新日:2007年3月13日