当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

畜産防疫対策への取組

本文へ移動
メニューへ移動
畜産防疫対策への取組

豊橋市畜産防疫対策協議会

市内の畜産農家(牛、豚、家きん)、農業団体、行政機関で構成する「豊橋市畜産防疫対策協議会」では、高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫などの影響の大きな家畜伝染病の発生予防、まん延防止を図るため、地域をあげた防疫活動に取組んでいます。

会長

白井良始(豊橋農業協同組合 組合長)

 

協議会の構成

畜産農家(牛、豚、家きん)、豊橋市養鶏農業協同組合、豊橋養鶉農業協同組合、豊橋農業協同組合、愛知県酪農農業協同組合豊橋支所、愛知県経済農業協同組合連合会、豊橋市

主な取組内容

○研修会の開催
 畜産農家や関係団体などを対象に研修会を開催し、家畜伝染病の発生予防やまん延防止に関する知識の向上に努めています。

研修会の様子

○清掃強化月間
 牛豚等は4月、家きん(鶏、ウズラなど)は11月を「清掃強化月間」として位置付け、畜舎の清掃、設備の強化を呼び掛けています。

○一斉消毒の日(毎月27日)
 毎月27日を「一斉消毒の日」と位置付け、家畜伝染病の病原体を近づけないための、畜舎・畜舎周辺の消毒徹底を呼び掛けています。

○農場の巡回
 農場の巡回を実施し、啓発チラシの配布を行っています。

○情報収集、情報発信
 家畜伝染病に関する情報などを収集し、畜産農家向けに発信しています。

豊橋市畜産防疫対策協議会
(事務局)豊橋市産業部農業支援課内
〒440-8501豊橋市今橋町1番地(農業支援課内)
電話(0532)51-2459  FAX(0532)56-5130