本文へ移動
メニューへ移動
高額療養費の計算方法

高額療養費の計算方法

 高額療養費は、医療機関からの「診療報酬明細書(レセプト)」により下記に基づいて計算します。

 ※このため、実際の支払額から計算した支給金額とは異なる場合があります。

  1. 受診者ごとに計算します。
  2. 暦月(月の1日から月の末日)ごとに計算します。
  3. 医療機関ごとに計算します。
  4. 同じ医療機関でも医科と歯科は別に計算します。
  5. 入院と外来は別に計算します。
  6. 処方せんに基づく薬局での自己負担は、処方元の医療機関での自己負担と合算します。
  7. 保険診療の対象とならない治療や食事代、差額室料等は含めません。

70歳以上の方

 上記1~7に基づく計算で、一般区分・低所得者区分の世帯に属する場合は、外来は個人ごとに合算します。

 入院を含む場合は世帯内の70歳以上の自己負担分を合算したのち、自己負担限度額を超えた分が支給されます。

70歳未満の方

 上記1~7に基づく計算で、 1件につき21,000円以上自己負担されたものが合算の対象となり、自己負担限度額を超えた分が支給されます。

irust

【計算例】

 70歳未満 区分「ウ」の世帯の場合

illust

 自己負担限度額

 80,100円+((500,000円+100,000円)-267,000円)×1%=83,430円

 高額療養費

 (150,000円+30,000円)-83,430円=96,570円

お問合せ先

福祉部 国保年金課 保険給付グループ

電話番号 0532-51-2285・2286