本文にジャンプします
メニューにジャンプします

二川宿のまちづくり

二川宿のまちづくり

二川宿のまちづくり

futagawahyoushi

 二川宿は、東海道五十三次の三十三番目の宿場町として栄え、現在でも本陣などの歴史的な建物や当時の町割りが残り、街道沿いの格子のたたずまいが宿場町の風情を今に伝えています。

 時代の流れとともにまちは変化してきましたが、近年では、歴史的なまち並み景観や伝統・文化を将来に引き継ごうと、住民、行政、専門家が協働で新たな取り組みを進めています。

 ここでは、景観形成地区の概要とこの地区を中心に活動している住民の方々の取り組みを紹介します