本文にジャンプします
メニューにジャンプします

母子父子寡婦福祉資金貸付

母子父子寡婦福祉資金貸付

貸付を受けられる方

1 母子福祉資金

  1. 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子
  2. 1.が扶養している児童
  3. 20歳未満の父母のない児童

2 父子福祉資金

  1. 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない男子
  2. 1.が扶養している児童

2 寡婦福祉資金

  1. かつて配偶者のない女子として20歳未満の児童を扶養していたことのある配偶者のない女子(寡婦)
  2. 40歳以上の配偶者のない女子
  3. 1.または2.が扶養している子

貸付の条件

  1. 貸付には審査があり、資金の使用目的、返済能力(多額の負債、税金の滞納など)の観点から貸付が妥当でない、または貸付が自立に結びつかないと認められる場合には貸付できません。
  2. 償還は、各貸付金ごとに決められた据置期間が経過した後、月賦払いとなります。償還期間は申請時に相談の上決めますが、期間の上限があります。

貸付金の種類

   貸付金の種類.pdf( 419KB )

 

貸付金:別表

     修学資金貸付限度額表.pdf( 315KB )

     就学支度資金貸付限度額表.pdf( 276KB )