本文にジャンプします
メニューにジャンプします

おむつ交換台からの転落事故にご注意!!

おむつ交換台からの転落事故にご注意!!

 平成22年11月に鹿児島市で、おむつ交換台からの転落事故が発生しました。 消費者庁によると、保護者が生後4か月の女児を公共施設のトイレに設置されている おむつ交換台に乗せて 付属の安全ベルトを閉めた上で、男児に小用をさせていたところ、 女児がおむつ交換台から転落して頭部を打撲したとのことです。 検査の結果、幸いにも女児に異常は認められませんでした。

 国民生活センターには、平成18年からの5年間で同じような事故が17件寄せられています。

 

大切な赤ちゃんを事故から守るために

  • おむつ交換台はおむつ交換が目的です。

  • お子様をおむつ交換台に乗せたまま、その場を離れないようにしましょう。

  • お子様をおむつ交換台に乗せている際は、目を離さないようにしましょう。

  • ベルトを締めていても、ベルトから抜け出して転落することがあります。

  • おむつ交換台にガタつき等がある場合は使用せず、施設の管理者へ連絡しましょう。