本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

私立幼稚園就園奨励制度について

私立幼稚園就園奨励制度について

平成30年度私立幼稚園就園奨励制度

私立幼稚園就園奨励制度とは?

 豊橋市に住所を有するお子さんを私立幼稚園に通園させているご家庭を対象に、その経済的負担を軽減するため、幼稚園を経由して保育料(授業料)及び入園料を減免する制度です。

減免の対象となるご家庭は?

 1.豊橋市に住民登録がある3歳、4歳、5歳のお子さんを、私立幼稚園に通園させているご家庭が対象となります。
 2.豊橋市内の私立幼稚園だけでなく、市外の私立幼稚園に通園させている場合も対象となります。
 3.年度途中で3歳になったお子さん(満3歳児)を翌年度4月を待たずに私立幼稚園に通園させているご家庭も減免の対象となります。
 ※ただし、「子ども・子育て支援新制度」に移行した私立幼稚園、認定こども園に通園させている場合は、対象外となります。

減免限度額と補助基準

 

 下記の表のいずれかの区分に該当するご家庭が減免を受けることができます。


 ランク  

平成30年度市町村民税課税額等の区分 

減免限度額(年度額) 
   第1子        第2子       第3子以降 
  A  生活保護世帯

308,000円

308,000円

 308,000円

  B  非課税世帯及び所得割額が非課税の世帯 ひとり親世帯等 

 308,000円

 308,000円

 308,000円

 その他の世帯

 272,000円

308,000

 308,000円

  C  所得割課税額77,100円以下の世帯  ひとり親世帯等

 272,000円

 308,000円

 308,000円

 その他の世帯

 187,200円

 247,000円

 308,000円

  D  所得割課税額211,200円以下の世帯

 62,200円

 185,000円

 308,000円

  E  上記区分以外の世帯

     ー

 154,000円

 308,000円

<兄姉の数え方>

A~Cランク

保護者と生計を同一にする兄姉から数えて当該園児が何子目かで判断します。

D,Eランク

小学校1~3年生の兄姉が いない場合、幼稚園等に通う兄姉から数えて当該園児が 何子目かで判断します。

小学校1~3年生の兄姉が いる場合、小学校1~3年生の兄姉から数えて当該園児が何子目かで判断します。

<ひとり親世帯等>

 ひとり親世帯等とは、母子父子家庭や、同一世帯に障害者手帳(身体・療育・精神)の交付を受けている、特別児童扶養手当を受給している、障害者基礎年金を受給している方がいる場合に該当します。

注意事項

 
 1.いずれの場合も、減免額は保育料等の実際の支払額と減免限度額との少ない方を限度とします。
 2.減額の基準となる世帯状況については、4月1日時点の状況で判断します。途中入園のお子さんに関しては、入園月の初日の世帯状況で判断します。
 3.上記の基準日以降に、失職、離婚等で世帯状況及び所得状況が変化した場合でも、上記のとおり判断します。
 4.世帯構成員中2人以上に所得がある場合は、父母とそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る。)の市町村民税所得割課税額を合算します。 
   (ア) 通常は父母の課税額で判断します。
   (イ) 同一世帯に父母以外でお子さんを市町村民税算定上の扶養としている方がいる場合は、その方の課税額も合算します。
   (ウ) 父母が非課税のとき、祖父母の市町村民税の所得割課税額で判定することがあります。(保育園の保育料算定基準に合わせます。) 
 5.途中入退園及び休園により、保育料が登園期間に応じて支払われている場合の減免限度額は、次の算式により算定して適用します。
   【入園料が発生している場合】  (上表の金額)×(保育料の支払月数+3)÷15=減免限度額
   【入園料が発生していない場合】 (上表の金額)×(保育料の支払月数)÷12=減免限度額
          ※減免限度額はいずれも百円未満を四捨五入します。
 6.平成30年1月2日以降に市外から本市へ転入されてきた方は、下記の書類(写し可)が必要です。申請の際に添付をしてください。
   (ア)平成30年1月1日現在居住していた市町村が発行する「平成30年度課税(非課税)証明書」
   (イ)平成30年1月1日現在海外に居住されていた方は、平成29年中の総収入がわかるもの 
 7.障害児通所施設(つつじ教室を除く)に通う兄姉がいる場合は「通所受給者証」の写しを添付してください。
 8.次に該当する幼児については、以下のとおり補助をします。

  • 年度の末日において18歳以下である子(平成12年4月2日以降生まれ)が3人以上いる場合の、その第3子目以降の幼児については、以下の通り補助をします。ただし、控除後の保育料等と補助限度額の合算額は、308,000円を超えません。

                                                      

平成30年市町村民税課税額

補助内容

所得割課税額211,200円以下

保育料(授業料)及び入園料から表の補助限度額を引いた額(=控除後の保育料等)

所得割課税額211,200円を超える

保育料(授業料)及び入園料の合計から減免限度額を引いた金額(=控除後の保育料等)を2で割った額(10円未満切り捨て)

 

  • 平成30年の市町村民税非課税及び所得割非課税の世帯は、保育料(授業料)及び入園料から表の補助限度額を引いた額(=控除後の保育料等)を補助します。ただし、控除後の保育料等と補助限度額の合算額は、308,000円を超えません。

    9.市町村民税の所得割課税額は、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)適用前の額で判断します。
 10.ひとり親世帯等に該当する場合は、児童扶養手当証書等、身体障害者・療育・精神障害者保健福祉手帳の写し等、ひとり親世帯等であることが確認できる書類を添付してください。(補助ランクによっては、該当しない場合もあります。)

幼稚園就園奨励制度の申請手続きは?

 
全て幼稚園を通じて手続きをします。

申請から減免までのながれ

  • 6月上旬~中旬
    幼稚園から「保育料等減免措置に関する調書」が配布されます。
  • 6月末
    幼稚園へ調書を提出します。幼稚園は提出された調書をとりまとめて市へ提出します。
  • 9月頃
    減免額を認定し、幼稚園を通じて結果をお知らせします。
  • 11月下旬
    市から保護者の指定した口座へ振込みます。(第1回)
  • 1月11日
    申請を締め切ります。これ以降の申請は受け付けることができません。
  •  3月中旬
    市から保護者の指定した口座へ振込みます。(第2回) 
  • 調書の提出後に修正申告等により市町村民税課税額に変更があった場合は、必ず下記までご連絡ください。
    課税額の変更により減免額が変わることがあります。
  • 不明な点は、幼稚園または下記までお問い合わせください。

要綱

豊橋市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱(PDF形式/ 132KB )
様式1(PDF形式/23KB )
様式2(PDF形式/40kb) 

様式3(PDF形式/ 49KB )
様式4(PDF形式/ 15KB )
様式5(PDF形式/ 29kb)