本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

子ども・子育て支援新制度(認定こども園・保育園・幼稚園)

子ども・子育て支援新制度(認定こども園・保育園・幼稚園)

平成27年4月より、子ども・子育て支援新制度がスタートしました

子ども・子育て支援新制度とは?

 一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成24年8月に子ども・子育て関連3法(子ども・子育て支援法、認定こども園法の一部を改正する法律、関係法律の整備等に関する法律)が成立しました。
 これらの法律に基づき、平成27年4月から子ども・子育て支援新制度」が全国的にスタートしました。
 新制度は、「保護者が子育てについての第一義的責任を有する」という考えのもと、幼児期の教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することを目指した制度です。

子ども・子育て支援新制度の主な内容

幼児期の教育・保育を保障するため、個人への給付制度を創設します

 幼児教育や子どもへの保育を個人の権利として保障し、教育・保育の質を確保する観点から、個人への給付制度を創設します。給付は、認定こども園、幼稚園、保育園の利用者が、共通の仕組みによって受けられます。
 ただし、公費を確実に教育・保育に要する費用に充てるため、給付方法は、利用者のみなさんへの直接的な給付ではなく、市町村から施設などに支払う仕組み(法定代理受領と言います。)となっています。この制度により、施設などは設備の充実や職員の配置・処遇改善を図ることができます。

幼稚園・保育園の良さをあわせもつ「認定こども園」の普及を進めます

 幼稚園と保育園の機能や特徴をあわせ持つ認定こども園の普及を図り、幼児期の教育と保育を一体的に受けられる環境を整えます。
 認定こども園について

地域の実情に応じた子ども・子育て支援を充実させます

 すべての子育て家庭を支援するため、親子が交流できる居場所を増やすなど、市町村が主体となって、地域のニーズに応じた多様な子ども・子育て支援を充実させます。

新制度における主な必要手続き

「支給認定」の申請が必要になります

・保育園、認定こども園などの入園の申込み時に、園を通じて、保育の必要性等の認定(支給認定といいます。)の申請をしていただきます。 
・申請書等は、10月に園から配布されます。豊橋市からは3月頃に「支給認定証」を発行しますので、認定された内容に応じて、保育園等をご利用いただきます。
 
 入園の手続きについては、こちらになります
 

<参考>幼稚園・保育園・認定こども園の違い ※施設数は平成29年4月1日現在 
 施設 施設の特徴  利用できる保護者 豊橋市内の施設数 
 幼稚園
(3歳~5歳)
小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う「学校」  どなたでも  24園
(全て私立)
 保育園
(0歳~5歳)
 家庭で保育のできない保護者に代わって保育する「児童福祉施設」 家庭で保育できない保護者  45園
(公立4園、私立41園)
 認定こども園
(0歳~5歳)
 幼稚園と保育園の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設 どなたでも
(3歳~5歳)
家庭で保育できない保護者
(0歳~5歳)
 14園
(公立1園、私立13園)

子ども・子育て支援新制度についてもっと詳しく知りたい方はこちら

新制度に関する国の情報は内閣府ホームページをご覧ください。
子ども・子育て支援新制度内閣府ホームページ