本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第28回豊橋男女共生フェスティバル報告

第28回豊橋男女共生フェスティバル報告

平成27年1月25日(日)、ライフポートとよはしで第28回豊橋男女共生フェスティバルを開催しました。

開会式




市長より、男女共同参画社会の実現に向けて男女共生フェスティバルに取り組む実行委員会に対して、温かい励ましのお言葉をいただきました。続いて、藤原孝夫豊橋市議会議長、小久保三夫愛知県議会議員から祝辞をいただきました。

講演会「字幕の中に人生 ~女(ひと)と男(ひと)、ともに豊かに生きる~」


講師 戸田奈津子(とだなつこ)さん

30分も前から開場を待つ長い列ができ、講師である戸田奈津子さんの知名度の高さと人気がうかがえた講演会。オープニングは豊橋マリンバの会による演奏で、パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ曲が講演会を盛り上げてくれました。
ただただ映画が好きで、そのために必死で英語を勉強した好奇心の塊のような少女が、20年の下積みを経て日本で最初の字幕翻訳の第一人者になったことに感動しました。
多くの一流監督や俳優との交流話にも興味は尽きませんでしたが、言葉を扱うプロとして、今こそ日本語教育の重要さを強調されていたことには、何よりも深く共感しました。


分科会1「落語でわかる!男女共同参画」



講師 微笑亭さん太(ほほえみていさんた)さん

微笑亭さん太さんは、アマチュア落語家集団の豊橋落語天狗連に所属するかたわら、立川志の輔、林家正蔵などプロの落語家に台本を提供し、数々の受賞歴なども持つ創作落語の名人です。
男女共生フェスティバルでの落語会は初めての企画でしたが、開演前には満員御礼、立ち見の方が出るほどの大入りとなりました。
開演となり高座に上がると、時事ネタを巧みに絡めた男女にまつわる噺を披露し、会場は爆笑につぐ爆笑。普段から落語を聴く人も、そうでない人も楽しめる、あっという間の1時間でした。
参加された方にとっては、落語を楽しみながら男女共同参画について考えるきっかけになったのではないでしょうか。


分科会2「災害時の炊き出しと応急救護」



講師 尾崎公枝(おざききみえ)さん、豊橋防災VCの会・市民サポーター

現在懸念されている「南海トラフ巨大地震」は、発生し広域災害になると支援の手が届かず、二次災害は「餓死に!」とも伝えられる被害想定が心配です。
災害時に限られた水や燃料で効率良く、衛生的に多量の炊飯ができるハイゼックスによる炊き出しと、地産地消の豊橋の農業推進事業を活かしたエコラブクッキングを紹介しました。一つの鍋で各種メニュー(お粥・ご飯・御菜・スープ・デザート)が同時に調理でき、さらに食物アレルギー・介護食・乳幼児の食事の対応が簡単にできます。
応急救護研修では、災害時に負傷の大小に応じて使用できる、三角巾による「包帯法」の実習。多くの参加者が真剣に取り組んでくださいました。この啓発事業を通じて、自治会等の防災訓練に活現!できましたら、地域防災に役立つと思います。


分科会3「イイコトがいっぱい!家族みんなのハッピー家事講座」



株式会社Rapport代表取締役 河合妙子(かわいたえこ)さん

「なかなか片付けができない」という人たちの数々のお悩みを、お片付けセラピストとして解決してきた河合さんは、自身のことを「たえさん」と呼び、親しみを感じさせてくれる人柄です。
今回の家事講座では、今まで苦手だった人でも楽しく家事ができるようになるコツや、心理学を使った「子どもを伸ばす魔法の言葉」など、家事や子どものお手伝いにまつわる「目からウロコ」なお話が次々に飛び出しました。
講義が終わってからも、講師のたえさんへの質疑応答で順番待ちができるほど。この講座で聞き、身につけた内容は、きっと家庭で役立っていることでしょう。


会場のようす

 

 

 

 

 

 

<参加者の声>
  • 戸田さんは若々しくチャーミングで、お話も素晴らしく楽しかった。
  • 体験を交えながら、とてもわかり易くお話ししてくださいました。「豊かに生きる」とは、自分の好きなこと、知りたいことをやり続けたときに、思いもしなかったチャンスが来て、道が開けていくことなのかも。諦めないことの大切さを教えていただきました。
  • 内容の濃いあっという間の時間でした。「最後の人生に悔いのないように!」という言葉が印象的で、活力や勇気をもらいました。豊富な経験から出てくる言葉に深みを感じました。
  • エネルギッシュなトークがとても楽しかった。最初から字幕に携わっていたわけではなかったこと、失敗談等、ユーモアも交えてとても楽しく聞かせてもらいました。
  • 気さくな話し方に親しみを感じました。仕事をされる女性として尊敬しています。自分の好きなことをじっくり探したいと思いました。
  • 好きなことは努力できる。職業選択においても、適しているか見定められるようなアドバイスを、若い人にする時の参考になった。
  • 字幕の世界を通して、夢を抱く素晴らしさ、日本と世界の文化の違い、日本文化の良さを感じられて良かった。