現在位置

  1. ホーム
  2. 心配・悩みごと
  3. これって虐待?
これって虐待?

子ども虐待ってなに?

お父さんお母さん、また、親と同じように育ててくれる人が、子どもに「子どもの心や体を傷つけ、大きく成長していくことを損なう行為(損なうことをすること)」をすることです。子どもへ暴力を振るうことだけが虐待ではありません。虐待は、子どもを殴ったり叩いたり蹴ったりすることだけではなく、毎日の食事を与えなかったり、不潔な状況に放置したり、子どもの心に傷を負わせるような言葉を言うことも虐待です。

どこからが虐待なの?

何回叩いたから虐待と決めることは出来ません。目にはっきり見える症状、状態が表れなくても、子どもの心や体を傷つけることは虐待です。毎日の生活のなかでちょっとしたきっかけで加害者になってしまう恐れがあります。

虐待の種類は何があるの?

(1)身体的虐待 殴る・蹴る・溺れさせるなど、体に傷を負わせたり、生命が危うくなるような怪我をさせたりすること
(2)性的虐待 体にいたずらをしたり、わいせつな写真・ビデオを見せたりするなど、わいせつな行為をする・させること
(3)ネグレクト(保護者の怠慢あるいは拒否) 家に閉じ込める・食事を与えない・ひどく不潔にする・自動車内や家に置き去りにする・保護者以外の同居人による虐待を放置するなど、養育を怠ったり拒否したりすること
(4)心理的虐待 言葉による脅し・存在の無視・兄弟間の扱いを差別・子どもの目の前で暴力をふるう(ドメスティックバイオレンス)など、心理的負担をかける

if:もし・・・ ケース1

「実家は他の県で、結婚して豊橋に来ました。お友達や、親戚もなく、相談する人は夫だけです。夫も子どもの面倒は見てくれるのですが、毎日帰りが遅くて、子どもと私だけの時間がつらく・・・。子どもはかわいいのですが、泣くとどうしていいのか困ってしまいます。そんな時、『この子さえいなければ』と思って、子どもを叩いたり、泣いていても無視したり。あとで、子どもにごめんねというのですが、こんな日が続き、いつか、自分もニュースになるようなことをしてしまうのかと、悩んでいます。」

  • 自分が子どもに手を出してしまいそう・・・
  • そういう時は、1人で悩まず 相談をしてください。

どうしたらいい?

一緒に解決の方法を考えましょう。たとえば、子どもとの距離を少し置くとか、子どもの発達の面で、お母さんの心の面とか、いろんな角度から相談に乗ることが出来ます。

if:もし・・・ ケース2

「最近、近くの家の子どもが『お父さんごめんなさい』と、泣きながら言っているのを聞きます。あと、お父さんの怒鳴り声も。最初は何か悪いことをして怒られているのかと思っていましたが、つい最近、子どもの大きな泣き声を耳にし、これは虐待なのか?心配になりました。でも、近所だし、言いにくいし、でも、子どもがどうかなったら心配だし。どうしよう」

  • 近所で虐待の心配がある家があるけど・・・
  • そういう時は、1人で悩まず 相談をしてください。

どうしよう?

皆さんの声が、子どもも、親も救う一歩です。そこから支援が始まります。相談するのに勇気がいると思いますが、子どもたちのため、悩んでいる親御さんのためと、ぜひ、相談をしてください。
それが間違いであっても罰せられることはありません。
相談を受けた後は、実際に子どもさんの状態や、親御さんの悩みなど聞き、支援を始めます。

自分のまわりで もし虐待を疑ったら ここへ相談してください

自分自身子育てに悩んでいたら相談してください

市役所 こども家庭課 0532-51-2327
東三河児童・障害者相談センター 0532-54-6465
家庭児童相談室 0532-54-7830
児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)