本文へ移動
メニューへ移動
児童クラブの待機児童の対策はあるのでしょうか?

児童クラブの待機児童の対策はあるのでしょうか?

 児童クラブの加入申込は、書類審査の関係上、毎年1月に行っています。周知方法としては、広報とよはしに掲載するほか、10月に行われる新入学児童の就学時健康診断において、お知らせを配布しています。1月末締め切り分で審査し、加入承認をします。
 よって、2月以降の随時の申込みにつきましては、定員に余裕のあるクラブは加入が可能ですが、定員を超えている場合は待機となります。また、児童クラブは放課後の留守家庭児童が対象ですので、同居の祖父母についても65歳未満の方は就労等が必要となります。
 なお、施設や支援員の確保など運営上の課題から、常時全ての加入希望者の受入れに対応できないのが現状であること申し添えます。
更新日:2015年11月26日