本文にジャンプします
メニューにジャンプします

各種基金のご紹介

各種基金のご紹介

ふるさと基金のほか、寄せられた寄附金を次のような基金に積み立て、それぞれの目的にそった事業に活かしています。
※寄附金の活用を以下の事業に希望する場合は担当課にお問合せください。

寄附金を基金に積み立てその運用益金を事業に活用するもの

文化振興基金
目的 市民文化の振興を図るため
寄附金の活用事業 すぐれた文化活動、業績に対する顕彰、奨励事業
担当課 文化・スポーツ部 「文化のまち」づくり課(電話番号 0532-51-2874)

福祉振興基金
目的 社会福祉活動の推進のため
寄附金の活用事業 災害時要援護者事業及び福祉活動奨励事業
担当課 福祉部 福祉政策課(電話番号 0532-51-2355)
(福祉振興基金の詳細はこちらから)

教育振興基金
目的 教育の振興を図るため
寄附金の活用事業 教育の振興に関して功績顕著な者の顕彰事業
担当課 教育部 教育政策課(電話番号 0532-51-2805)

小・中学校読書活動振興基金
目的 児童・生徒の読書活動の振興を図るため
寄附金の活用事業 山福文庫の設置及び読書活動の奨励事業等
担当課 教育部 学校教育課(電話番号 0532-51-2825)

体育振興基金
目的 市民体育の振興を図るため
寄附金の活用事業 体育振興への功績顕著な者の表彰及び全国大会出場者等への奨励金支給事業
担当課 文化・スポーツ部 「スポーツのまち」づくり課(電話番号 0532-51-2866)

司文庫基金
目的 豊橋市中央図書館の司文庫及び豊橋市美術博物館の資料充実を図るため
寄附金の活用事業 世界の教科書、絵本、美術書を中心とした図書資料等の収集事業
担当課 教育部 図書館(電話番号 0532-31-3131)

星野眞吾美術振興基金
目的 絵画の創作活動の奨励、顕彰等美術の振興を図るため
寄附金の活用事業 3年に一度の日本画全国公募展の開催にかかる表彰事業
担当課 教育部 美術博物館(電話番号 0532-51-2883)

積み立てた寄附金を取り崩し事業に活用するもの

市民協働推進基金(トヨッキー基金)
目的 市民が公益的社会貢献活動を育て、お互いに支え合う地域社会を醸成するため
寄附金の活用事業 市民活動団体が行う公益的な事業に対する補助金交付事業(市民協働推進補助金)
担当課 市民協創部 市民協働推進課(電話番号 0532-51-2482)
(市民協働推進基金の詳細はこちらから)

環境活動振興基金
目的 環境活動の充実を図るため
寄附金の活用事業 530運動環境協議会における環境教育などの事業
担当課 環境部 環境政策課(電話番号 0532-51-2399)

地域公共交通活性化基金
目的 地域の公共交通を市民と協働で維持、確保し、それぞれの地域の状況に応じた公共交通施策に取り組み、活性化を図るため
寄附金の活用事業 路面電車、鉄道(市内)、路線バスや新たに運行を目指す「地域生活」バス・タクシーなどの地域公共交通の活性化を図るための補助事業
担当課 都市計画部 都市交通課(電話番号 0532-51-2620)
(地域公共交通活性化基金の詳細はこちらから)

豊橋総合動植物公園整備基金(のんほいパーク基金)
目的 豊橋総合動植物公園の動物展示施設等の整備及び動物の確保を図るため
寄附金の活用事業 動物施設等の整備及び動物の確保に関する事業
担当課 総合動植物公園部 動植物公園(電話番号 0532-41-2186)
(豊橋総合動植物公園整備基金の詳細はこちらから)