本文にジャンプします
メニューにジャンプします

2017年2月

2017年2月

賀茂小学校の児童がゲンジボタルの幼虫を放流しました

放流式のようす2月21日(火曜日)、賀茂しょうぶ園内ビオトープで賀茂小学校の全校児童68人がゲンジボタルの幼虫の放流式を行いました。児童たちは、「ホタルの舞う街にしたい」という思いで、一年間かけてホタルの幼虫を育てながら、環境の大切さや命の大切さについて学んできました。今日は育てた幼虫484匹を一人ひとり紙コップに入れて、「元気でね」「また会おうね」と声をかけながら放流していきました。今年の夏が楽しみですね。

うめまつり開催中です

うめまつりのようす2月19日(日曜日)、向山緑地内梅林園で開催しているうめまつり会場で、梅苗木の無料配布や防災ふれあいキャンペーン、二川宿本陣まつり雅姫(右)・琴姫(左)の撮影会などを行いました。園内には、樹齢約45年の早咲き、中咲き、遅咲きの梅が29種類・約400本あり、1月下旬から3月中旬にかけて鮮やかな彩りの花を楽しめます。訪れた人たちは、梅の香りを楽しんだり、カメラに収めたりしていました。現在、早咲きの梅は「満開」、中咲きの梅は「5分咲き」、遅咲きの梅は「つぼみが大きく膨らみ開花間近」と、全体でも「5分咲き」となっています。うめまつりは、3月12日(日曜日)まで開催しています。 動画はこちら

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」2台を無償で貸与していただきました

引き渡し式のようす2月16日(木曜日)、豊橋市に本社を置くフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社から、地域貢献活動の一環として「ゴルフGTE(フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車)」を2台、無償で貸与していただきました。車両の引き渡し式では、フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社のティル シェア社長が「豊橋市への貢献により、市役所の皆さんの日々の業務をサポートし、業務における運転がより効率的で楽しいものになることを願っています。」と話され、佐原市長は「フォルクスワーゲンさんとは良いパートナーとして成長し続けていきたい。公用車として活用し、安全で効率よくしっかりと仕事をしていきます。」とお礼を述べました。

豊橋署南稜交番の開所式が行われました

南稜交番の開所式2月13日(月曜日)、大清水町の豊橋署南稜交番の開所式が開かれました。新しい交番は近代的なデザインで、地域住民の相談などに対応するコミュニティルームも設置されています。開所式では、交番に勤務する木下巡査部長が「決意を新たにし、市民の安全・安心を確保するため懸命に務める覚悟」と話し、佐原市長は「市も力を合わせて、この地域の安全・安心に貢献していきたい。」と述べました。

二川宿本陣資料館で「ひなまつり」を開催しています

手筒花びな3月12日(日曜日)まで、二川宿本陣資料館で「ひなまつり」を開催しています。期間中は、内裏雛や御殿飾り、天神、つるし飾りなどのほか、今年は手筒花火の空筒を再利用した「手筒花びな」を展示しています。2月26日(日曜日)には、二川宿本陣まつり 雅姫・琴姫による「ひなあられプレゼント」を開催します。ぜひ、お出掛けください。
(写真は、2月12日(日曜日)に撮影した「手筒花びな」)

天下の奇祭「鬼祭」が開催されました

雪の赤鬼210日(金曜日)・11日(土曜日・祝日)の2日間、安久美神戸神明社で「鬼祭」が開催され、境内を埋め尽くすほど多くの方で賑わいました。
五穀豊穣・無病息災を願う行事として古来から継承され、現在はふりそそぐ飴粉で見物客まで真っ白になる奇祭として知られる「鬼祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
11日に行われた赤鬼と天狗の「からかい」は、数年に一度の「雪の対決」となり、時折強く大粒の雪が降りました。凛とした冬の寒さの中、赤鬼と天狗の無言の攻防を見守った見物客からは、その神秘的な姿に感歎の声が聞かれました。当日の映像はこちらからご覧いただけます。

第15回フラワードリームが開催されました

フラワードリーム2月4日(土曜日)と5日(日曜日)の2日間、日本有数の花の産地、東三河の切り花や鉢花を広く知ってもらうための催し「フラワードリーム」がほの国百貨店で開催されました。オープニングセレモニーでは主催者の榎島実行委員長が「一足早く春の花を持ってきました。地元の花でみなさんを笑顔にしたい。」と話し、多くの来場者が花の展示をはじめステージイベントや花のオークションなどを楽しみました。