本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ウォームビズ(WARM BIZ)

ウォームビズ(WARM BIZ)

暖房時の室温を20℃にして快適に過ごすライフスタイル

『WARM BIZ』(ウォームビズ)とは、暖房時の室温を20℃にして快適に過ごすライフスタイルです。
市では、率先して取り組むため、19℃を目安に空調を設定しています。
過度に暖房に頼らないために、アイディアや小物を活用したスタイルをウォームビズといいます。

暖房利用によるCO2を削減し、地球温暖化を防止しよう!

ウォームビズは、暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによって、CO2の発生を削減し地球温暖化を防止することが目的です。
電力による冷暖房を行う場合、室温設定の調節による省エネ効果は、夏よりも冬のほうが大きいため、暖房器具使用時に室温設定を今までよりも下げるようにすれば、CO2削減効果があるばかりでなく、電気代を効果的に節約できます。
ウォームビズは、家庭や職場にとって経済的なメリットもあります。

とよはしWARM BIZコレクション2017を開催しました

平成29年1月20日(金曜日)に、市役所市民ギャラリーにて職員がモデルとなってファッションショー形式でウォームビズをPRしました。

「カーディガン +2.2℃」「ひざかけ +2.5℃」「マフラー +3.0℃」の体感温度UP


 ええじゃないかジャンパーの重ね着    通勤から仕事まで調整しやすい服装

     エコ通勤に適した服装      仕事にふさわしくないダメな服装

 挨拶やおもてなしで心も身体も暖まる     豊橋の帆前掛けをPR

 膝かけやマイボトルで身体を温める   3つの「首」(手首・足首・首)を温める

「衣」・「食」・「住」の一工夫で暖かくすごしましょう

首、手首、足首の「三つの首」をあたためましょう

・マフラー、手袋、レッグウォーマーを活用
お風呂上がりには一枚多く羽織り、寝るときも、首にタオルであたたかく

「素材」に着目し、おしゃれにあたたまりましょう

・軽くて薄い腹巻など、機能性素材の下着
セーターなど上に羽織るものは機能性素材を選んで着ぶくれ防止

ひざ掛けやストールを活用しましょう

ひざ掛けでこまめな体温調節、ストールはひざ掛け代わりにも

「鍋」でからだも室内もあたためましょう

・家族や友達と集まって鍋を楽しみながら、からだも室内もあたたかくして、暖房を緩和
・鍋からの湯気による加湿効果で体感温度がさらに上昇
一部屋に集まって他の部屋の暖房や照明はオフ
冬が旬のもの、根菜類、しょうがなど、体をあたためる食材にもこだわりを

湿度を意識し、体感温度を上げましょう

・温度計、湿度計を近くに置いて室内環境を「見える化」

窓やドアに注目しましょう

窓は断熱シート、複層ガラス、二重サッシなどを活用

「道具」や「小物」で暖房に頼りすぎない工夫をしましょう

・湯たんぽ、毛足の長いスリッパやクッションなどを効果的に活用


下記HPも参考にウォームビズに取り組みましょう☆
・環境省WARMBIZページ
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/index.html