本文にジャンプします
メニューにジャンプします

ミナクルいきいき講座 ~土曜日の教育活動モデル事業~

ミナクルいきいき講座 ~土曜日の教育活動モデル事業~

 事業概要 ―土曜日の教育活動モデル事業について―

文部科学省の「土曜日の教育活動推進プラン」(平成26年度から実施)を受け、学校・家庭・地域が連携した土曜日(日曜、祝日、長期休業日も含む)を活用した子どもたちへの教育活動を行う事業です。

豊橋市では、南稜地区をモデル地区とし平成28年度より大清水まなび交流館「ミナクル」を拠点に、小学生を対象とした多彩な体験活動・教育活動を行う「ミナクルいきいき講座」を実施しています。

 

 事業目的

子ども達の学校外での体験量を増やすことで、知・徳・体の調和のとれた人間形成を図ると同時に、地域の大人が持っている知識・経験を地域の子どもへ伝えることで、双方の自己実現と地域内で「知の循環」が行われるきっかけづくりをすることです。

その結果、地域の教育力、子どもの学力・体力の向上が図られるとともに、地域内で「顔と顔が見える関係」が築かれることで、健全なまちづくりにつなげます。
 

事業運営

上記事業目的を達成するため、講座講師のほかに地域住民の方々が「サポーター」として、講座の準備・受付・片付けや講座中の事児童の見守り等を行っています。
 また、事業・講座の企画は、南稜地区内の各小学校区より選出された「コーディネーター」と市教育委員会と協働で行っています。

 事業メニュー

「体験コース」「学習コース」「夏休み限定教室」の3つのメニューを実施します。