本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成29年度 こども未来部運営方針

平成29年度 こども未来部運営方針

こども未来部長からのメッセージ

平成29年度こども未来部長
こども未来部長 吉原郁仁
 次代を担う子ども達が、心豊かで健やかに、そして未来への夢と希望を持てるように育つことが、こども未来部の最大の使命です。そこで、平成27年度から開始した、子ども・子育て応援プランなどに基づき、幼児期の子ども自らの育ちを支える環境づくりのほか、結婚から始まり、育児、若者まで続く切れ目のない支援、少子化対策、子どもの貧困への支援など、子ども・子育てに関する支援に総合的に取り組んでまいります。
 

「方針」と「取り組み」

1.地域や関係機関と連携し、子育てのための総合的な支援を行ない、子どもや若者が健やかに育つまちの実現に向けて取り組みます。

取り組み 内容
子どもたちが健やかに育つことができる環境づくり 子ども・子育て応援プランに基づき、幼児期の教育・保育や地域の子育て支援の充実を図るとともに、少子化対策として、多子世帯への支援や、結婚支援事業にも取り組みます。
また、乳幼児期の教育・保育を提供する施設である認定こども園の整備や法人保育所等の老朽化に対する改修整備を進めます。
こども未来館における子育て支援や交流の促進 子育て支援や子どもの体験活動を促進するとともに、さまざまな人々がふれあい、交流する場と機会を提供します。
また、「妊娠・出産・子育て総合相談窓口」を運営し、チャイルドサポーターによる相談や子育て支援サービスを行うなど、切れ目のない支援を行います。
子育てプラザ 子育てプラザ相談
      こども未来館子育てプラザ
安心して子育てできる環境づくり 中学生の医療費助成を拡大するとともに、子どもに関する各種手当の適切な給付を行い、ひとり親家庭の自立支援も行います。
また、子どもたちが安全で安心して過ごせる居場所として、放課後児童クラブや放課後子ども教室の環境を整え、豊かな体験を提供し、子育て支援の充実を図ります。


放課後児童クラブ 放課後児童クラブ
         放課後児童クラブ
困難を抱える子ども若者への支援 子どもの養育や若者の自立に困難を抱える家庭への相談支援体制の充実を図り、子どもから若者に至るまで切れ目のない支援を行います。