本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成29年度 議会事務局運営方針

平成29年度 議会事務局運営方針

議会事務局長からのメッセージ

森田 教義
議会事務局長 森田教義

 「ひらかれた議会、わかりやすい議会」を合言葉に、市民の皆さまの期待にこたえられるよう、議員・議会の活動をサポートします。



「方針」と「取り組み」

1.市民に開かれ、親しまれる議会をめざします。

取り組み
内容
情報提供の推進 ○議会活動の紹介
より多くの市民の皆さまに、議会を身近に感じ、関心を持って読んでいただけるような、親しみやすい「議会だより」を発行します。
【議会だよりの発行】 年5回(2、5、6、8、11月発行) 

○最新情報の提供
市民の皆さまに興味を持っていただけるような、見やすく、わかりやすいホームページづくりに取り組むとともに、最新情報の提供に努めます。また、議案の審議状況などを知っていただくために、会議録・委員会記録を速やかに作成・公開します。
【情報の提供】 定例会・委員会開催予定、一般質問項目など
【会議録等の閲覧】 ホームページ、じょうほうひろば、中央図書館、市民センター、議会事務局

○議場見学の募集
議会を身近に感じていただけるように、議場などの案内や議会の活動を説明します。
【見学希望】 受付随時(議会事務局へ申込み)

○本会議及び委員会中継の実施
本会議の一般質問をケーブルテレビとインターネットによって中継します。インターネットでは、録画配信も行います。
平成29年9月からは、常任委員会と特別委員会のインターネット中継および録画配信を新たに行う予定です。
政務活動費の透明性の確保 議員の調査研究その他活動に資するために必要な経費の一部として交付される政務活動費について、使途基準を条例で定め明確化するとともに、収支内訳についても公開しています。
【公開場所】 ホームページ、じょうほうひろば

2.議会活動を的確にサポートします。

取り組み
内容
議会活動のサポート 情報の収集や調査・立案機能の充実などを行うとともに、議員と執行部との調整を円滑に行い、議会および議員の活動が活発に行えるように適正なサポートを行います。
事務局の機能追加 課題研究のための研修等を実施することにより、議会運営および議会活動を的確にサポートできる人材を育成し、議会事務局の機能の向上に努めます。

議会事務局のキャッチフレーズ

目指します! さわやか実践 議会事務局

さ=サービス  わ=わかりやすさ  や=やる気  か=改革


本会議場