本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

平成30年度 福祉部運営方針

平成30年度 福祉部運営方針

福祉部長からのメッセージ

30 西尾部長
福祉部長 西尾 康嗣

 第3期地域福祉計画の基本理念である「子どもから高齢者まで、全ての人が健康的で生きがいを持ち、安心して暮らせる地域社会の実現」に向けて、「地域福祉活動の支援」や「高齢者福祉の充実」、「障害者(児)の自立と社会参加の促進」、「生活保護者・生活困窮者の自立の支援」に取り組みます。

 また、平成30年度から東三河広域連合が担う介護保険の運用や国民健康保険の広域化に適切に対応していくとともに、高齢社会に対応できる斎場の整備を、市民、関係団体の皆さまと連携しながら進めてまいります。

「方針」と「取り組み」

1.支え合い、助け合う地域づくりを推進します。

取り組み
内容
地域福祉活動の支援

第3期地域福祉計画の進捗管理を行うとともに、地域の福祉活動を支援する事業や社会福祉法人などへの監査を行い、適切に福祉サービスが提供できる仕組みづくりに取り組みます。

【計画期間】
第3期地域福祉計画:平成28年度~32年度

災害時要配慮者への支援 災害時に要配慮者が地域の中で適切な支援が受けられるよう、避難行動要支援者の台帳登録の推進や日常的な見守り活動の実施等、地域と連携した支援体制の構築を進めます。

2.国民健康保険の安定運営を推進します。

取り組み 内容
医療費の適正な給付 医療費の請求に対する点検の充実・強化やジェネリック医薬品の利用促進に取り組みます。
 広域化の推進    事務・事業の広域化・標準化に取り組みます。

3.高齢者が生きがいを持ち活躍できる地域づくりを推進します。

取り組み 内容
高齢者福祉の充実

高齢者の介護予防、活躍促進、生活支援、認知症対策等に取り組むとともに、在宅医療との連携を進めることで、高齢者が住み慣れた地域で、人生の最期まで自分らしい日常生活を送るための地域づくりを行います。

また、東三河広域連合と連携を図り、介護保険の安定的運営を行います。

【計画期間】
第7期高齢者福祉計画:平成30年度~32年度

4.障害者(児)の社会参加を促進し、自立した生活を送ることができるよう支援します。

取り組み 内容
障害者(児)の自立と社会参加の促進

障害者(児)が自立し、社会参加できる環境の整備を進め、障害者(児)が地域で安心して生活できるまちづくりを推進します。また、医療的ケア児の保護者の負担を軽減するため、保育園等に看護師を派遣する費用の一部を給付するほか、相談支援専門員を増員し、発達障害者からの生活相談の充実を図ります。

【計画期間】
・障害者福祉基本計画:平成30年度~35年度
・第5期障害者福祉実施計画:平成30年度~32年度
・第1期障害児福祉実施計画:平成30年度~32年度

5.生活保護者、生活困窮者の自立を支援します。

取り組み 内容
生活保護者・生活困窮者の自立の促進

生活保護者に最低限度の生活を保障するとともに、就労開始に向けた指導、庁内に設置したハローワークなどを活用した就労支援を行い、自立を促します。
また、生活困窮者自立支援法に基づき、生活保護に至る前の低所得者やホームレスなどの生活困窮者に対し、生活相談や就労支援を実施し、自立を促します。

6.火葬需要や墓地需要に安定的に応えていくため、斎場の整備や市営墓地の適正な運営に取り組みます。

取り組み
内容
斎場整備事業

施設の老朽化や今後の火葬需要に対応するため、PFI手法を活用し、必要な機能の整理を行いながら、周辺の環境に配慮した斎場の整備に取り組みます。

【民間事業者選定のスケジュール】

平成30年8月10日 入札(提案書の提出)

平成30年10月上旬 落札者の決定・公表

平成30年12月中旬 事業契約の締結

市営墓地の運営 平成28年度に拡張整備した梅田川霊苑の利用を積極的に周知していくほか、市営墓地の適正な運営に取り組みます。

 

 ほの国リーダー

 成年後見支援センター相談窓口
(あいトピア内)

 

ほの国体操リーダー養成

            喀痰吸引            医療的ケア児の喀痰吸引の様子

 学習支援

 学習支援