当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
平成29年1月に発生した鳥インフルエンザ陽性事例への対応について

 平成29年1月3日に本市内において、鳥インフルエンザ陽性事例が確認されました。それを受けて、環境省は本市内一部を鳥インフルエンザ陽性事例の野鳥監視重点区域に指定しましたが、隣接する蒲郡市での重点監視区域指定日である1月31日以降で特段の異常が認められないため、その45日後の平成29年3月17日24時をもって、環境省は本市内での野鳥監視重点区域の解除を行いました。

【経緯】
○平成29年1月3日、豊橋市内で発見・回収されたヒドリガモの死亡個体1羽について、鳥インフルエンザの検査を行ったところ、
 ・同年1月3日、愛知県による簡易検査で陽性
 ・同年1月13日、環境省の確認検査機関による確定検査で陽性
との報告。
○同年1月3日、環境省は当該回収地点の半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定。これにあわせ、国・県・市により注意喚起。
○同年1月31日、隣接する蒲郡市において発見・回収されたスズガモの死亡個体1羽について鳥インフルエンザの検査を行ったところ、愛知県による簡易検査で陽性。同日、環境省は当該回収地点の半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定。 この区域の一部が豊橋市域に含まれた
○同年3月17日、本市内に関連する最後の感染確認個体の回収日(1月31日)以降、野鳥監視重点区域の監視において異常は認められていないことを踏まえ、環境省はこの回収日から45日後の 3月17日24時をもって、今回の野鳥監視重点区域を解除