当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
健康Q&A集/お酒は体の中でどうやって吸収されるの?
(さけ)は体の中でどうやって吸収(きゅうしゅう)されるの?

 お(さけ)()むと、アルコールは()から20%、小腸(しょうちょう)十二指腸(じゅうにしちょう)空腸(くうちょう)など)から80%が吸収(きゅうしゅう)されます。そして、肝臓(かんぞう)(はこ)ばれ、その大部分(だいぶぶん)肝臓(かんぞう)分解(ぶんかい)されます。肝細胞(かんさいぼう)にはアルコールを分解(ぶんかい)する酵素(こうそ)があり、アルコールを体にとってよくない物質(ぶっしつ)である「アセトアルデヒド」という物質(ぶっしつ)変化(へんか)させます。アセトアルデヒドは、「アルデヒド脱水素酵素(だっすいそこうそ)」で無害(むがい)酢酸(さくさん)分解(ぶんかい)されます。酢酸(さくさん)血液(けつえき)によって全身(ぜんしん)をめぐり、筋肉(きんにく)脂肪組織(しぼうそしき)などで水と二酸化炭素(にさんかたんそ)分解(ぶんかい)されて体外(たいがい)排出(はいしゅつ)されます。また、摂取(せっしゅ)されたアルコールのごく一部(いちぶ)がそのままの形で尿(にょう)(あせ)呼気(こき)から排出(はいしゅつ)されます。