当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
健康Q&A集/どうしてお酒に強い人と弱い人がいるの?
どうしてお(さけ)(つよ)い人と(よわ)い人がいるの?

 日本人の4(わり)体質的(たいしつてき)にお(さけ)(よわ)いといわれています。アルコールの分解途中(ぶんかいとちゅう)にできるアセトアルデヒドという(がい)のある物質(ぶっしつ)分解(ぶんかい)する酵素(こうそ)(アセトアルデヒド脱水素酵素(だっすいそこうそ))の(はたら)具合(ぐあい)によるためです。アルコールに(よわ)い人は少しのアルコールの(りょう)でも本来(ほんらい)なら一番(いちばん)(はたら)かなければならない酵素(こうそ)(はたら)いてくれず、アセトアルデヒドがなかなか分解(ぶんかい)されずに体に()まっていくので一口で(かお)()()になったり、気分(きぶん)(わる)くなったりするのです。