当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
健康Q&A集/タバコはどうして体に悪いの?
タバコはどうして体に(わる)いの?

 タバコには(やく)4,000種類(しゅるい)化学物質(かがくぶっしつ)(ふく)まれていて、その中でも200種類以上(しゅるいいじょう)が体に(がい)のある有害物質(ゆうがいぶっしつ)だといわれています。その代表的(だいひょうてき)なものが、「ニコチン」「タール」「一酸化炭素(いっさんかたんそ)」で、それぞれ体にとても(わる)影響(えいきょう)があります。
ニコチン 血管(けっかん)(ほそ)めて、血圧(けつあつ)をあげます。また、()(なが)れが(わる)くなって、血管(けっかん)(なか)()がつまりやすくなり、(のう)心臓(しんぞう)病気(びょうき)にかかりやすくなります。
タール (はい)にこびりついて、(はい)(はたら)きを(わる)くしたり、がんになりやすくなります。1日に20(ほん)タバコを()う人の場合(ばあい)、1年間(ねんかん)に40~110グラム(コップの半分(はんぶん))のタールを体に入れていることになります。
一酸化炭素(いっさんかたんそ) 一酸化炭素(いっさんかたんそ)は、血液(けつえき)の中にもぐりこんで、体の細胞(さいぼう)必要(ひつよう)酸素(さんそ)全身(ぜんしん)(はこ)べないようにしてしまいます。そして体は酸素(さんそ)()りない状態(じょうたい)になって、運動(うんどう)をしてもすぐに(いき)()れてしまったり、(のう)(はたら)きを(わる)くさせてしまいます。また、心臓(しんぞう)病気(びょうき)をすすめてしまいます。

 タバコを1本()うことで、寿命(じゅみょう)が5(ふん)30(びょう)ちぢまるともいわれています。体への(わる)影響(えいきょう)(ほか)にもたくさんあります。健康資料(けんこうしりょう)「タバコの(がい)について」も見てね!