本文にジャンプします
メニューにジャンプします

2018年1月

2018年1月

商工業従業員の永年勤続褒賞式を開催しました

商工業従業員の永年勤続褒賞式を開催しました1月9日(火曜日)、第69回商工業従業員永年勤続褒賞式を開催しました。永年勤続褒賞は、市内の事業所に勤務する商工業従業員で、20年以上同一または系列の事業所等に勤務し、精励にて他の模範となる方に贈られるもので、35事業所の81名が褒賞を受けました。また、今回は西島株式会社で勤続60年を迎えた戸澤秀夫さん(76歳)に特別褒賞が贈られ、戸澤さんは「昭和32年に入社してから、辞めようと思ったことは一度もない。仕事を続けさせていただけることに感謝しています。」と話し、佐原市長は「これを機にますます技術を磨き、仲間を増やして生活を豊かにしていただきたい。」と述べました。

豊橋市消防出初式を行いました

豊橋市消防出初式を行いました1月6日(土曜日)、豊橋球場で「平成30年豊橋市消防出初式」を行いました。消防関係者1,094人と消防車両など42台が一堂に集い、観閲や分列行進のほか、はしご演技や一斉放水などのアトラクションを行い、無火災・無災害を祈念しました。式典では佐原市長が「消防はあらゆる災害から尊い人命や貴重な財産を守り、市民生活の安全と安心を確保するうえで大きな役割を担っています。新たな決意をもって、市民の負託に応えるよう、一層精進いただきたい。」とあいさつしました。

仕事始め式を行いました

仕事始め式を行いました1月4日(木曜日)、市役所講堂で仕事始め式を行いました。佐原市長から「箱根駅伝では4連覇を達成した青山学院大学の6区で、豊橋出身の小野田選手が重圧を振り払って頑張った。大変誇りに思う。今年は道の駅や新アリーナ、子育て環境の整備など取り組むべき課題は多いが、みんなで知恵を出し合って一歩一歩進めていきたい。原点に戻り、知識や仲間を蓄えてその力を最大限発揮できるように、新たな能力を習得する努力をして欲しい。力を合わせて素晴らしい1年に。」と訓示がありました。