当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
健康Q&A集/まわりにタバコを吸っている人がいると、吸っていない人にも悪い影響があるの?
まわりにタバコを()っている人がいると、()っていない人にも(わる)影響(えいきょう)があるの?

 そのとおりです。タバコの(がい)はタバコを()っている人ばかりが(がい)()けるわけではありません。
 タバコの(けむり)は、タバコを()っている人が口から()(けむり)主流煙(しゅりゅうえん))と、タバコの先からでる(けむり)副流煙(ふくりゅうえん))に()けられます。(じつ)は、主流煙(しゅりゅうえん)よりも副流煙(ふくりゅうえん)(ほう)が、体に(わる)成分(せいぶん)何倍(なんばい)も多く(ふく)まれていて、ニコチンは2.8(ばい)、タールは3.4(ばい)一酸化炭素(いっさんかたんそ)は4.7(ばい)、アンモニアは46(ばい)も多く(ふく)まれています。このようにタバコを()っていない人が副流煙(ふくりゅうえん)()ってしまうことを「受動喫煙(じゅどうきつえん)」といいます。
 受動喫煙(じゅどうきつえん)にさらされることが多いと、タバコを()わない人でもがん、心臓(しんぞう)(はい)病気(びょうき)にかかりやすくなるといわれています。