本文にジャンプします
メニューにジャンプします

『ブックトープ豊橋』朗読会の開催について(平成30年3月31日)

『ブックトープ豊橋』朗読会の開催について(平成30年3月31日)

水上ビルを舞台にした、市民による初の小説集発行記念イベント(『ブックトープ豊橋』朗読会)を開催しました。

会場写真

日時:平成30年31(土曜日) 午後時~30

会場:cafe&gateaux knohd(カフェ&ガトー ノード)

内容:1)『ブックトープ豊橋』の朗読

    「時の狭間に狭間橋」ビルケシ」「はちみつの夜」「先代は子煩悩だった」「ビルになった船たち」

   2)小説の舞台になった水上ビル(ミニ歴史講座)

朗読:豊橋おはなしろうそくの会

講師:岩瀬 彰利(水上ビルの歴史)

水上ビルを舞台にした小説ということから、水上ビルに隣接するカフェを会場に

朗読会を開催。こじんまりとしたお洒落な会場は、定員20名の方が入るといっぱいに。

朗読会では、朗々と読まれる声で紡がれる物語から想像を膨らませ、小説の世界を楽しみました。

朗読の前には、小説ワークショップの講師を務め、小説集「ブックトープ豊橋」を編集した

ナカムラクニオさんからいただいたメッセージを紹介したほか、

朗読の後は、小説の舞台となった水上ビルの成り立ちについて学びました。

アンケートでは、地域(水上ビル)の歴史を学べたことも良かったという感想をいくつかいただきました。

ナカムラさん

 *メッセージ動画は、こちらから閲覧できます。

水上ビル説明

朗読イベントの内容は、地元ケーブルテレビティーズで放送予定です。

初回放送予定:4月4日 10時00分~ 〔ティーズ〕HOTステーション

詳細は、こちらから

参加募集案内

水上ビル(豊橋)を舞台に描かれた初の小説集小説表紙

『ブックトープ豊橋』は、

荻窪のブックカフェ「6次元」店主

ナカムラクニオさんを講師に迎え、

川の上にいくつものビルが建つ、

その特異な成り立ちと構造から

水上ビル」の名前で地域に愛されるその地を舞台に、

市民が執筆した小説を1冊の本にまとめました。

 (小説執筆の経緯の詳細は、こちらから)

その発行記念イベントとして、

「『ブックトープ豊橋』朗読会

まちなかの会場で開催します!

小説を読んでみたい方、朗読を聴いてみたい方は、ぜひご参加ください!!

        □▲▽■◆□▲▽  『ブックトープ豊橋』朗読会 □▲▽■◇◆□▲▽

日時:平成30年31(土曜日) 午後時~30チラシ

会場:cafe&gateaux knohd(カフェ&ガトー ノード)

   豊橋市駅前大通1丁目111

    *会場は、穂の国とよはし芸術劇場「プラット」のすぐのお店です。

内容:『ブックトープ豊橋』に収められた作品の一部を朗読します。

   最後に、水上ビルのミニ講座を予定。

協力:豊橋おはなしろうそくの会

講師:岩瀬 彰利(水上ビル ミニ講座)

対象:どなたでも。定員20名まで。

  *定員を超えた場合は、抽選となります。

  *抽選結果は、郵送で通知します。

応募期限:平成30年3月20日(火曜日)まで

参加費:無料

  *会場で注文された飲み物等は、各自でご負担ください。

==応募方法==

  電話、FAXまたはインターネットで、ご応募ください。

  ●このホームページから、参加を希望される方は、

   下記のリンクよりご応募ください。

   PC・スマートフォンの方はこちらから

   携帯の方はこちらから

  ●下記参加者募集チラシの応募様式に必要事項を

   明記のうえ、FAX(0532-55-8100)で

   まちなか図書館整備推進室まで

  ●電話(0532-55-8102)でまちなか図書館整備

   推進室まで

☆参加者募集チラシ.pdf( 1258KB )☆



== 関連イベント ==

小説ワークショップで講師を務めた ナカムラクニオ さんをゲストに迎えたトーク&読書会イベント

豊橋市中央図書館で開催され、参加者を募集中です。


とき:平成30年3月25日(日曜日) 13時30分~16時
場所:豊橋市中央図書館 3階
定員:30名(抽選となります。)
内容:豊橋市中央図書館にナカムラクニオさんをお迎えして、
   お茶を飲みながらのトークセッションと交換読書会を開催します。
   (飲物代は参加者各自での負担となります。)
申込締切:3月15日(木曜日)
 詳細は、豊橋市図書館ホームページでご確認ください。

  ⇒図書館イベントページへ