当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
2019年10月

台風19号で被災した長野市へ支援物資を提供しました

出発式のようす10月14日(月曜日)、台風19号で被災した長野市への支援物資を、4市(豊橋市、豊田市、岡崎市、岐阜市)を代表して運搬する豊田市まで届けました。長野市は、千曲川の堤防が決壊し、広い範囲が浸水被害を受けて多くの方が避難所へ避難されていることから、土のう袋のほか、生活に必要な消毒液やウェットタオル、マスク、生理用品などを中心に提供しました。

株式会社フェニックスと連携協力に関する協定を締結しました

協定書調印式のようす10月8日(火曜日)、東三河8市町村と株式会社フェニックスとの連携協定書調印式を行いました。この協定はスポーツを活用したまちづくりを進めることを目的としており、8市町村の住民を試合に無料招待する「市町村デー」を開催するなど連携、協力を行います。調印式で佐原市長は「フェニックスと地域が切磋琢磨して発展していきたい。」と述べ、北郷社長は「東三河地方の発展に貢献したい。」と話しました。

クラストコ版 親子豊橋筆作り体験会

豊橋筆作り体験会のようす10月6日(日曜日)、こども未来館「ここにこ」でクラストコ版 親子豊橋筆作り体験会を行いました。クラストコVOL.2で紹介した豊橋筆職人の中西由季さんと川合福男さんの指導のもと、6組の親子 総勢17人で、豊橋の伝統工芸の1つである、豊橋筆を仕上げる作業体験や大きな筆で紙にいっぱいに好きな文字を書く書道体験を行いました。参加者は、仕上げ作業に苦戦しながらも親子で協力しながら、最後まで楽しく作業をしていました。

南三陸町長より被災地支援に対して感謝状が贈呈されました

贈呈式のようす10月2日(水曜日)、東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の佐藤仁町長より、本市の震災直後の支援や8年以上にわたる復旧復興支援に対し感謝状が贈呈されました。佐藤町長は、「震災当初からの支援のおかげで、住宅等の再建、各種インフラ整備も計画どおり進んでいます。」と感謝の意を述べられました。豊橋市長からは、南三陸町震災復興寄付金として、「とよっすい」の売上げの一部を贈呈しました。