当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

豊橋ウェブ百科事典「豊橋カレーうどん」

本文へ移動
メニューへ移動

現在位置

  1. ええじゃないか豊橋
  2. 楽しむ
  3. 豊橋ウェブ百科事典
  4. 豊橋ウェブ百科事典「豊橋カレーうどん」

カレーうどんトップ

ロゴ

豊橋市の豊橋カレーうどん

サブ1

左から:豊橋カレーうどん、断面図、調理の様子、マスコットキャラ「イエローくん」
<概要>

豊橋カレーうどん(とよはしカレーうどん)は、愛知県豊橋市でしか食べることができないご当地グルメです。特徴は、カレーうどんの下にとろろごはんが入っていること。斬新な発想が、食べる人を驚かせます。また、豊橋にあるうどん屋さんは自家製麺率100%、すべてのお店がこだわりを持っておいしいうどんを作っています。もっともっと豊橋のうどんをアピールしたいという気持ちから、豊橋カレーうどんは誕生しました。

<まかないから誕生>

豊橋カレーうどんは、ある1軒のうどん屋のまかないから誕生しました。どうしたら豊橋のうどんをもっと知ってもらえるか考えている時に、そのうどん屋の「カレーうどんにとろろをかける」まかないが注目されたのです。もともとはとろろがかかったカレーうどんにご飯を後から入れるというものでしたが、試行錯誤を重ね、豊橋カレーうどんの原型である、(底から順に)ごはん→とろろ→カレーうどんのスタイルが出来あがったのです。

<楽しみ方>
まずはカレーうどんをふつうに味わいます。この時、器の底へ箸をさして混ぜないようにします。うどんを食べすすめると、その下から「とろろがのったごはん」が出てくるので、カレーとからめて二度目の味を楽しみます。
<豊橋カレーうどん5箇条>

1.自家製麺を使用する。

2.器の底から、ごはん・とろろ・カレーうどんの順に入れる。

3.豊橋産ウズラ卵を使用する

4.福神漬又は壺漬・紅しょうがを添える。

5.愛情を持って作る♡

<全国から豊橋カレーうどんを食べに豊橋へ>
斬新な発想が話題となり、TV・雑誌など数多くのメディアで紹介されています。100年以上歴史のある店舗がいくつもある豊橋のうどん文化を楽しんでもらうため、豊橋市以外で豊橋カレーうどんは食べられません(イベント出展を除く)。このおいしさを求めて全国各地の方々に豊橋に訪れてもらえるようになりました。
<リンク>

食べられるお店など、さらに詳しい情報(豊橋観光コンベンション協会)

http://www.honokuni.or.jp/toyohashi/udon/外部サイトへのリンク

豊橋カレーうどんファンクラブオフィシャルブログ

http://toyokare1484.dosugoi.net/外部サイトへのリンク

このページについて

※このページは、若手職員が豊橋を知るために行っている研修「アイラブとよはし研修」で職員が作成したページ  https://www.city.toyohashi.lg.jp/33289.htm をベースに作成しています。