本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成30年度 市民協創部運営方針

平成30年度 市民協創部運営方針

市民協創部長からのメッセージ

市民協創部長 古川尋久

市民協創部長 古川尋久

 豊橋市をいきいきとしたまちとするため、市民の皆さまと協働してまちづくりを進めてまいります。
 女性が個性と能力を十分に発揮して活躍できる環境を整備し、女性が輝けるまちづくりを推進するとともに、「安全で安心なまちづくり」、「多文化共生都市づくり」の取り組みを進めます。
 また、マイナンバーカードの普及、利用促進に努め市民の皆さまの利便性向上を図るとともに、「市民の皆さまに親しまれる窓口づくり」に取り組んでまいります。
 
 





「方針」と「取り組み」

1.「市民協働によるまちづくり」を進めます。

取り組み
内容
地域コミュニティ活動の促進

地域の住民が主体となったまちづくりが活発に行われるよう、市民協働の意識醸成と、協働の担い手の育成に取り組みます。

また、市民館を拠点とした地域の特性を生かした地域コミュニティ活動を促進します。

市民活動への支援 市民協働によるまちづくりを促進するため、市民活動の拠点となる市民センターを中心に、市民活動団体の公益的な活動を支援します。

2.「ハーモニープラン2018-2022」を推進し、男女共同参画社会を目指します。

取り組み
内容
女性活躍の推進
男女がともに働きやすい環境づくりを推進するとともに、仕事と家庭の両立支援の充実を図ります。
また、結婚や出産等を機に離職した女性を対象に、再就職セミナーや個別・具体的な相談を実施し、女性の就労を支援します。
LGBT等性的少数者に対する理解促進
講座や研修会を開催し、LGBT等性的少数者に対する市民の理解を深めるとともに、当事者への必要な支援について、庁内会議を開催するなど検討を進めます。

3.「さわやかな、親しみのある窓口づくり」に取り組みます。

取り組み
内容
便利な窓口サービスの充実
「証明発行土曜窓口」を継続実施し、便利な窓口行政を進めます。
また、親切・丁寧な対応とともに、挨拶をしっかりと行うことを常に心がけ、市民の皆さまに親しまれる窓口づくりを進めます。
マイナンバーカードの普及・利用促進
積極的に啓発活動を行うことでマイナンバーカードの普及に努めるとともに、マイナンバーカードを利用した住民票の写し等のコンビニ交付の利用を推進します。

4.「安全で安心なまちづくり」を進めます。

取り組み
内容
防犯・交通安全対策の推進
地域における犯罪の発生を抑制するため、自主防犯団体の活動支援、市民への防犯情報の提供、防犯教育を実施するほか、交通事故を防止するため、第10次豊橋市交通安全計画アクションプラン等に基づき、特に高齢者・生活道路対策を実施します。
消費者保護の強化
安全・安心な消費生活を確保するため、消費生活相談の充実を図るとともに、講座を開催する等、消費者教育の推進に努めます。
路上喫煙の防止
快適で安全な生活環境を確保するため、禁止区域内での路上禁煙の徹底を図るとともに、受動喫煙の防止を含めた対策の検討を進めます。

5.「国際共生都市づくり」(平和・交流・共生の都市宣言)を進めます。

取り組み
内容
国際協力活動の促進
ブラジルから教職員を1名本市教育委員会で6か月間受け入れることで、日本の教育制度の周知とブラジル人児童生徒の支援を行います。
また、本市教職員をパラナ州やパラナヴァイ市の教育委員会および学校に派遣し、教育環境の向上や、ブラジルに帰国した子どもたちへの支援などを行います。
国際交流の推進

南通市をはじめとする友好都市等との友好関係を深めるとともに、国際交流協会の実施する事業など幅広い交流活動を支援します。

  • 南通市との友好都市提携に基づく相互交流
  • ヴォルフスブルグ市とのパートナーシティ協定に基づく友好交流の促進
  • インターナショナルフェスティバルの開催
  • 留学生の活躍推進 
多文化共生の推進
 
 
多文化共生社会の実現に向け、関係機関などとの連携、調整を行いながら、平成26年度に策定した多文化共生推進計画に基づいた各種事業に取り組みます。平成30年度は本計画の最終年度になるため平成31年度に向けて改定します。
  • 定住外国人就労支援
  • 「やさしい日本語」を活用したコミュニケーションの推進
  • 外国人市民会議の開催

【計画期間】多文化共生推進計画:平成26年度~30年度

 

まちづくり講習会

証明発行土曜窓口 
 まちづくり講習会  証明発行土曜窓口
 
 青パト出発式  インターナショナルフェスティバル
青パト出発式  インターナショナルフェスティバル