本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成30年度 会計課運営方針

平成30年度 会計課運営方針

会計管理者からのメッセージ

加藤喜康会計管理者
会計管理者 加藤喜康

 公金が適正に支出されるよう支払書類を審査し、迅速な支払に努めます。
 また、現金等取扱事務の検査を行い、適正かつ確実な出納事務が行われるよう指導していくとともに、収支計画に基づき、安全性を確保した公金の管理・運用を行っていきます。
 なお、東三河広域連合の会計事務も同様に行っていきます。

「方針」と「取り組み」

1.適正かつ迅速な会計事務を推進します。

取り組み 内容
適正な審査と迅速な支払事務 会計事務に関わる書類を適正に審査し、迅速な支払事務を行います。
職員の会計事務能力向上指導 新規採用職員や会計事務担当職員の基礎知識習得および能力向上を目的とした研修のほか、書類不備率の調査結果に基づき個別に研修を開催するなど、きめ細やかな指導により正確な会計事務が行えるようにします。

2.安全かつ効率的な公金の管理運用を行います。

取り組み 内容
公金の適正な管理・運用 公金の収入と支出について正確な収支計画を作成し、常に収支状況のチェックを行います。公金の運用にあたっては、安全性や流動性を確保したうえで、効率性の追求を考慮した運用を行います。

3.適正な出納事務を行います。

取り組み 内容
現金等取扱事務指導 各課(室)作成の個別事務マニュアルと事務の執行状況を点検し、適正かつ確実な現金等取扱事務が行われるよう指導するとともに、抜き打ち検査等により、公金の取扱いに対する職員の意識向上を図ります。

aichikensyuunyusyousi
会計課 愛知県収入証紙の販売・市税等の納入窓口