本文へ移動
メニューへ移動
令和元年度 総合動植物公園運営方針

総合動植物公園長からのメッセージ

 

takikawa
 のんほいパークでは、生物多様性の保全や、教育・環境教育、自然科学の更なる探求を通し、地域の持続可能な社会の実現を目指します。

 また、「思い出がくりかえし引き継がれる空間づくり」のコンセプトのもと、年間入園者数100万人を目指し、動物園、植物園、遊園地、自然史博物館、それぞれが、その魅力を高めるとともに、イベントなどのプロモーション活動の更なる充実により、子供から大人まで楽しめる施設づくりを推進します。

 

 

                                                                                                            総合動植物公園長 瀧川直史

「方針」と「取り組み」

1.動植物との共生を学ぶ場や、家族・友人・地域の憩いの場を創出します。

取り組み
内容

のんほいパーク
の魅力向上

shitu

riku

 

 種の保存、教育・環境教育、調査研究への取り組みを推進するとともに、動物福祉を基本とした飼育環境を整備するなど、動物園が果たすべき様々な活動を通じて、持続可能な社会の実現を目指します。

  • 新たな動物導入や繁殖などの積極的な推進
  • ボルネオ保全プロジェクト、コウノトリ繁殖プロジェクトへの参加
  • 児童・生徒を中心とした、教育プログラムの充実
  • 環境エンリッチメントの充実

 

 演出効果やアメニティ性に配慮した施設のリニューアル事業を計画的に推進します。

  • ライオン舎の整備
  • 授乳室、幼児トイレ等の整備
  • 園内サインの整備 
  • 中央第一駐車場の改修(駐車台数増)

 

 魅力的なイベントの開催などシティプロモーション事業の充実を図るとともに、質の高いサービスの提供に努めます。

  • ナイトZOOなどの夜間営業の充実
  • もぐもぐ広場など、動物のエサやり、ふれあい体験の充実  
  • セグウェイ、スポーツカートなど、他の施設にはない設備を使ったイベント開催やSNSを活用した積極的な魅力発信            

   
 のんほいパーク「アフリカ園」  のんほいパーク「極地動物館」
 
 

 

2.科学教育の振興に取り組むとともに、子どもから大人までが楽しめる博物館を目指します。

取り組み
内容

博物館活動の推進

shitu

umi

 

 調査研究をはじめとする学術活動を一層推進し、得られた標本等の資料や最新の知見に基づいた特別企画展、教育普及活動を実施。より幅広い来館者の知的好奇心を満たすことのできる博物館を目指します。
  • 特別企画展「深海の玉手箱」や企画展、ワークショップなどを開催
  • 3D上映システムによる大型映像で、恐竜などの映像コンテンツをかつてない臨場感で上映
  • 東三河のジオパーク認定に向け、ジオツアー、企画展「ジオパークを知ろう!」を実施

 

 施設を快適・安全に利用していただくための整備を計画的に実施します。           

  • 屋上防水等改修工事、収蔵環境整備など 

 

    mituriku

 3d

▲ミツクリザメ

 特別企画展「深海の玉手箱」 

3D上映システム大型映像