本文にジャンプします
メニューにジャンプします

下水汚泥の放射性物質測定結果(自主調査)

現在位置

  1. トップページ
  2. お客様へ
  3. 下水汚泥の放射性物質測定結果(自主調査)
下水汚泥の放射性物質測定結果(自主調査)

下水汚泥の放射性物質測定結果(自主調査)

豊橋市の公共下水道の中島処理場から発生する下水汚泥について放射性物質濃度の測定結果をお知らせします。

測定結果(平成28年11月8日採取)

処理場名

汚泥名称

放射性ヨウ素
(ヨウ素131)
放射性セシウム
(セシウム134)
放射性セシウム
(セシウム137)
中島処理場 乾燥汚泥

140

不検出 不検出
単位:Bq/kg(ベクレル/キログラム)
※1 検出下限値(検出できる最小値)は1Bq/kg
   (平成24年度から検出精度を上げて確認をしております)
※2 放射性セシウム暫定許容値:400Bq/kg
※3 放射性ヨウ素については許容値はありませんが推移を監視しています
過去の測定結果は下記からご覧になることができます。
過去の下水汚泥の放射性物質測定(自主調査)結果

県管理の下水処理場については下記からご覧になれます。
愛知県における下水汚泥等の放射性物質の測定結果について(愛知県のページに移動します。)

参考

「放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について」

肥料・土壌改良資材・培土中に含まれることが許容される最大値は、400Bq/kg(製品重量)(平成23年8月1日/農林水産省消費・安全局)