本文へ移動
メニューへ移動
令和元年度 こども未来部運営方針

こども未来部長からのメッセージ

こども未来部長
こども未来部長 鈴木 教仁 
 次代を担う子ども達が、心豊かで健やかに、そして未来への夢と希望を持てるように育つことが、こども未来部の最大の使命です。そこで、令和2年度からの、子ども・子育て応援プランの改訂を行うとともに、幼児期の子ども自らの育ちを支える環境づくりのほか、結婚から始まり、育児、若者まで続く切れ目のない支援、少子化対策、子どもの貧困への支援など、子育てを社会全体で担う意識を醸成し、子ども・子育てに関する支援に総合的に取り組み、「子育て応援のまち とよはし」を目指します。
 


こども未来部 運営方針

 1.仕事と子育てが両立しやすい環境づくり

取組み

内容

幼児教育・保育の充実SDGs1
SDGs8

○幼児教育・保育の無償化

令和元年10月1日から国が実施する幼児教育・保育の無償化に加え、市独自の支援策として、0~2歳児について18歳未満の第2子の保育料を半額に軽減するなど、幼児教育・保育の負担軽減を推進します。

○仕事と子育ての両立支援及び保育環境整備の推進

保育コンシェルジュを保育課窓口に配置して、入園前から入園に至るまで、保護者に寄り添い継続的な支援を行い、仕事と子育ての両立がしやすい環境づくりに取り組みます。また、老朽化した保育施設の大規模改修や認定こども園へ移行する幼稚園の施設整備へ助成するなど、保育環境の整備を推進するとともに、子どもの熱中症防止対策として幼稚園の空調設備設置費用を補助します。

○一時預かり事業の充実

利用者ニーズが増加している一時預かり事業を充実するため、こども未来館に「ここにこ一時預かりルーム たんぽぽ」を新設し、あわせて市内5か所で実施します。また、認定こども園における長時間預かり実施園を拡充します。

○保育士確保の推進

「豊橋市保育士・保育所支援窓口」において、資格を有しながら現在は職場を離れている潜在保育士の再就職に向けての相談支援や研修などを実施し、保育士と保育所をつなぐ支援を推進します。

                         

  ここにこ一時預かりルームたんぽぽ       保育コンシェルジュによる入園相談

放課後児童対策の充実

    

働く子育て世帯を応援するため、新たに6か所の児童クラブを増設するほか、夏休み期間限定の児童クラブの開設や英会話教室の実施など、放課後の子どもたちの健全育成を推進します。


  放課後児童クラブ

                    

 2.地域で子育てできる環境づくり

取組み

内容

こども未来館を拠点とした地域における子育て支援や交流の促進

  

こども未来館を拠点として、さまざまな人々がふれあい、交流する場と機会を提供するとともに、「妊娠・出産・子育て総合相談窓口」を運営し、チャイルドサポートプラン説明会を地域子育て支援センターと連携して行うなど、地域で子育てできる環境づくりを目指します。 
また、子育て中の家庭を、地域で総合的に支援するため、市内5か所の地域子育て支援センターや、つどいの広場、ここにこサークルで、子育て親子の交流の場を提供するとともに、子育ての相談や、地域の子育て関連情報の提供などを行っています。

こじか子育て支援センター ばんび
  こじか子育て支援センター「ばんび」       ここにこサークル               

 3.子育てを社会全体で応援する環境づくり

取組み

内容

とよはし子育て応援宣言の普及啓発

  

子育てする人を社会全体で応援するまちにするため、とよはし子育て応援宣言の普及啓発に努めます。

【とよはし子育て応援宣言】

とよはしを子どもが幸せで、誰もが子育てを楽しめるまちにするため

わたしたちは

○未来を創る子どもの声を、笑顔を、優しく見守ります。

○子育てするすべての人に寄り添い、応援します。

○お互いさまの気持ちで、子どもの健やかな成長を支えます。

子育て支援情報発信の充実

  

子育て中のパパママが必要な情報を得やすくするため、システム開発やレポーターの養成などにより、効果的な情報発信の仕組みを構築します。


○子育て情報ポータルサイト「育なび」のリニューアル

○子育てマップ及び掲示板作成システムの開発

○子育て情報レポーターの養成

子育て応援企業の普及啓発

「子育て応援のまち とよはし」を実現するため、「子育て応援企業」を認定・表彰し、企業による子育て支援の取組を促進します。

○認定条件となる取り組み

 ・子育て家庭にやさしい
  ・地域の子どもにやさしい
  ・従業員のワークライフバランスにやさしい

     

株式会社ベルクリエイトの皆さん(平成30年度最優秀賞)    子育て応援企業ロゴマーク

 4.子どもの未来を応援する環境づくり

取組み

内容

子ども・若者への相談支援の強化

SDGs3SDGs16

また、子どもの貧困への気づきを促す取組みや発達検査を活用するなど充実した相談支援の取組みを進めます。

【ココエールの開館時間】

・月~金曜日:9時00分~19時00分、土・日曜日:9時00分~17時00分

※祝日、年末年始は休館

こども若者総合相談支援センター     子どもの貧困対策ハンドブック

「ココエール」                 「子どもの貧困を考える」

学習・生活支援事業の充実

SDGs4  

経済面や精神面で不安定な状況に置かれがちなひとり親家庭等や生活困窮世帯の中学生・高校生を対象に、子どもの居場所づくりの一つとして、大学生を講師とした学習教室「ステップ」を開催し生活向上のための支援を行います。

実施している4会場のうち市民センターカリオンビル会場は、対象者を小学4年生以上に拡大するとともに、新たに経験豊富な教員OB等を学習支援コーディネーターとして配置し、支援を充実します。

また、生活困窮家庭の生活支援として、中学校を卒業し不要となった学生服等を回収し、必要な方に提供する学生服等リユース事業を実施します。また、企業、一般家庭に食料提供を呼びかけ、子ども食堂や生活困窮者等へ提供するフードバンク促進事業を実施します。

 学習教室「ステップ」