当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
豊橋市教育振興基本計画(案)についての意見募集結果

案件名

豊橋市教育振興基本計画(案)

担当課

教育委員会教育政策課

意見募集期間

平成23年2月16日~3月17日

意見提出者数

個人:4人
団体:なし

意見提出数

17件(提出方法 電子メール:14件 FAX:2件 持参:1件)

基本政策別意見の内訳

番号
意見の概要
市の考え方
1
英語は頭の良し悪しを決めるものでも、崇拝するものでもないということを認識させながら英語教育を行っていただきたい。 参考意見として受け止めさせていただきます。
2
海外で仕事をするには、英語力よりその人の持つ知識・経験・人間力が物を言うため、自分の意見を発言できるような子どもを育成してほしい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
3
日本の歴史、文化、科学技術、メンタリティーが世界の中でどのような位置づけにあるかを認識させた上で、英語教育を行って欲しい。 参考意見として受け止めさせていただきます。
4
海外では、「あなたが発する言葉は、日本の考え」としてとらえられているという責任を持って外国人と交流をできる英語教育を行って欲しい。 参考意見として受け止めさせていただきます。
5
キャリア教育では、社会は色々な人々の努力によって成り立っており、自分の好きなこと、やりたいことだけをやって成り立っているのではないということを気づかせられる教育をしてほしい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
6
教員研修では、学校図書館の重要性を認識できるような学校図書館の専門家による講義などを入れ、学校図書館が国語科だけのものではなく、全教科で活用できるという認識を持たせてほしい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
7
9類の「物語」を読ませることに主眼がおかれていて、0から8類は「調べ学習」と学習の位置づけであるが、 0から8類も楽しんで読まれるようにブックトークや朝の読書時間にニュースや新聞に出ていたことを図書館の本と関連付けるような図書館の本の使いこなしができるような教育をお願いしたい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
8
学校図書ボランティアが活動する上で感じたことなどの意見を提案できる窓口の設置をしてほしい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
9
学校図書館に関しては、各校が「特色ある学校づくり」として、力を入れるのではなく、平均して、同じような質の高いレベルを保てるように、学校図書館に関する情報の共有化や校長先生の意識改革を行っていただきたい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
10
学校図書館への無限の可能性を感じているので、司書の積極的配置など子供が図書館を使いこなせるような、導きをお願いしたい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
11
子ども達が自らの手と頭を使い、図書館の整備をする体制作りをしてほしい。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
12
学校経営評価がどういったものか分からないので、評価項目が4項目しかないのかを含めて用語説明がほしい。 用語説明に追加させていただきます。
13
学校経営評価のランクには、どのような意味があるか分からないので、説明がほしい。 用語説明に追加させていただきます。
14
授業力向上のための教員同士の学びあいが、安心してできるように、十分な人数(教員)を早急に配置して、現場にゆとりをつくるべき。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
15
個に応じた教育の推進のためには、1学級あたりの人数を35人から30人に減らしていくことが大切であるため、国県との連携はもちろんであるが、市独自でも少人数学級の拡大に取り組んでいくこと。 今後、計画を推進する上での参考にさせていただきます。
16
障害児も、個々の能力に応じた適切で、特別な支援のある教育が受けられるよう特別支援教育に関する項目を設けてほしい。 基本施策「個に応じた教育の推進」の特別支援教育の体制整備と指導の充実において取り組みます。
17
高等学校の表記を市立、県立の別が分かるようにしてほしい。 表記を整理させていただきます。

意見等を考慮した結果の最終版

結果の閲覧場所

  1. 教育委員会教育政策課(市役所東館11階)
  2. じょうほうひろば(市役所東館1階)
  3. 中央図書館(羽根井町)