当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
平成29年度 PRTR法に基づく届出の集計結果について

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 (PRTR法)に基づく届出の集計結果について

 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)は、平成11年度に公布され、業種・従業員数等一定の条件を満たす事業者が、定められた化学物質(第一種指定化学物質:462物質)を一定量以上取扱った場合、翌年度にその排出量及び移動量を届出する制度です。
 平成29年度は、平成28年4月~平成29年3月までの排出量及び移動量について24業種128事業所から届出がありました。
 届出排出量は、約1,645tで、大気への排出が約1,634t、公共用水域への排出が約11t、土壌への排出や埋め立て処分の届出はありませんでした。
 届出移動量は、約1,090tで、大部分が事業所外への移動でした。

排出量円グラフ

 排出・移動量の合計は、約2,735tで、上位5物質は、トルエン、キシレン、鉛化合物、エチルベンゼン、N,N-ジメチルアセトアミドの順で全体の約88%を占めています。

物質別グラフ

〇関連リンク: 化学物質の適正管理とPRTR(愛知県)

〇問合先
 
豊橋市環境部環境保全課 0532-51-2388