当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
市税 特別土地保有税

 特別土地保有税は、土地対策の一環として、土地の投機的な取得及び保有を抑制し、土地の供給促進を図ることを目的として昭和48年度に設けられた税金です。
 その立法趣旨から、住宅や工場のための土地の税金は、非課税土地や免除対象土地に該当する場合は、非課税または免除となります。
 地方税法の改正により、平成15年度以降課税が停止され、新たな課税は行わないことになりました。ただし、平成14年度までに徴収猶予の適用を受けている土地の納税義務については、今回の税制改正に伴い免除されるものではありません。

 
区分 保有分 取得分
納税義務者

毎年1月1日現在で取得の日から10年以内の土地を市内に5,000平米以上保有している方

毎年1月1日または7月1日前1年以内に市内の土地を5,000平米以上取得した方
課税標準
土地の取得価格(購入のために要した費用を含む)
税率 1.4/100 3/100
税額計算の方法 (取得価格×税率)-固定資産税相当額 (取得価格×税率)-不動産取得税相当額
納付の方法
納税義務者が課税標準額や税額などを申告し、納付します。
申告納付期限 5月31日
1月1日前1年以内の取得
 その年の2月末日
7月1日前1年以内の取得
 その年の8月31日まで