本文へ移動
メニューへ移動
第5次豊橋市総合計画/基本計画とは

基本計画は、基本構想に基づき、まちづくりを総合的かつ計画的に進めるため、第5次豊橋市総合計画(平成23 年度から32年度)の後期5年間(平成28年度から32年度)における戦略的な取組みと分野ごとの政策の基本方針を明らかにするもので、本市の総合的な行政運営の基本となるものです。

戦略計画<9プロジェクト>

目指すまちの姿の実現に向けて、これまでのまちづくりの取組みを更に高めるとともに、新たな政策課題への対応を図るため、特に重点的に対応していく取組みを明らかにするものです。

分野別計画<44政策>

基本構想に示すまちづくりの大綱に基づき、行政分野別に整理した「政策」について、それぞれの「取組みの基本方針」とその目標を明らかにするものです。
基本構想と基本計画

基本計画推進のために

計画の推進にあたっては、「ともに生き、ともにつくる」という基本理念のもと、以下の視点を持って行財政運営にあたります。

  • これまでの枠組みに捉われない革新的な視点
  • 選択と集中を基本とした戦略的な視点
  • 組織風土と職員意識の改革による行動的な視点
  • 東三河を一体の地域ととらえた広域的な視点