本文にジャンプします
メニューにジャンプします

祭・伝統芸能2

祭・伝統芸能2

手筒花火イベント・祭礼一覧

以下のイベント・祭礼で豊橋の手筒花火を観ることができます。
手筒花火イベント・祭礼一覧(PDFファイル 254KB) 

豊橋のにぎわい 祭・伝統芸能 

祇園祭
豊川河畔打ち上げ花火

祇園祭

7月第3金・土・日曜日に開催。三河伝統手筒花火発祥の地として知られる吉田神社境内で手筒花火約300本、豊川河畔で打ち上げ花火約12,000本を奉納。夜空を彩る勇壮な花火は、天空にひそむ悪霊を吹き飛ばす最良の方法と伝えられています。豊橋の夏の風物詩として親しまれている祭です。

(吉田神社)

羽田祭手筒
手筒花火

羽田祭

10月第1土・日曜日に開催される羽田八幡宮のまつり。五穀豊穣を祈願して約800本もの勇壮な手筒花火を奉納。ふりそそぐ火の粉とすさまじい爆音。勇猛果敢に挑む姿が感動的です。

(羽田八幡宮)


[イラストマップ] [豊橋のにぎわい-INDEX]

鬼祭の写真

鬼祭

春を待つ2月10・11日に行われる天下の奇祭「鬼祭」(国指定重要無形民俗文化財)。クライマックスは赤鬼が天狗に挑む「からかい」。敗れた赤鬼は境内を出て町内をかけまわり、道行く人にタンキリ飴をふりまきます。飴といっしょに白い粉をまき散らすため見物人は真っ白になってしまうのですが、この飴を食べると厄除けになり、夏病みしないと伝えられています。

(安久美神戸神明社)

飽海人形浄瑠璃の写真

飽海人形浄瑠璃

1990年に市の無形民俗文化財に指定された、全国的にも珍しい三人遣いの人形浄瑠璃です。

毎年11月の第3日曜には、保存会による定期公演が催されています。


[イラストマップ] [豊橋のにぎわい-INDEX]

炎の祭典の写真

炎の祭典

毎年9月第2土曜日に開催される三河伝統の手筒花火をメーンとしたイベント。伝統芸能、打ち上げ花火、仕掛け花火とともに多くの手筒花火が放揚されます。躍動の炎、感動の余韻が見る人々の心を捉え、毎年多くの見物人が訪れます。

(豊橋球場とその周辺)