当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
市有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドラインの運用について

農薬・殺虫剤等適正使用ガイドライン

 愛知県では、県民の安全・安心への関心が高まる中、「県有施設における農薬・殺虫剤等適正使用ガイドライン」を平成20年3月に策定しています。
 これは、病害虫、ねずみ・昆虫等の防除に当たり、県自らが率先して農薬・殺虫剤等薬剤の適正使用を徹底し、施設利用者や周辺住民等に健康被害が生じないよう配慮するものです。
 本市においても、より一層の薬剤適正使用の徹底を図るため、市有施設における病害虫等防除に当たっては、平成20年12月から県のガイドラインを運用しています。

 このガイドラインで示されている薬剤の適正使用に関する主な配慮事項は次のとおりです。
  1. 日ごろから、病害虫、ねずみ・昆虫等の発生予防や早期発見に努める。
  2. 物理的防除などを優先して行い、定期的に薬剤を使用することはしない。
  3. 薬剤を使用する場合は、薬量、処理区域などについて十分に検討を行い、薬剤散布以外の方法を優先して行う。
  4. 薬剤を使用する場合は、施設の利用者や周辺住民等に対して、日時、作業方法等について十分な周知に努める。
【参考】

市有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドライン 運用状況調査結果

 市有施設でのガイドラインの運用状況について、取りまとめました。


問い合わせ先

 市有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドラインの運用については、次の3課で担当しています。
内容
問い合わせ先
電話番号
FAX
ガイドラインに関すること
環境部環境保全課
(0532)51-2388
(0532)56-5577
屋内での殺虫剤等使用に関すること
健康部保健所生活衛生課
(0532)39-9124
(0532)38-0780
屋外での農薬使用に関すること
産業部農政課
(0532)51-2475
(0532)56-5130

関連リンク