本文にジャンプします
メニューにジャンプします

国際自動車コンプレックスの概要

国際自動車コンプレックスの概要
豊橋の港
豊橋のみなと 国際自動車コンプレックス

国際自動車コンプレックス概要

国際自動車コンプレックス

国際自動車コンプレックス計画は、国内外の自動車企業に対して国際的なビジネス連携の場を整備・提供する計画です。私たちは、日本第一位の自動車貿易港である三河港の臨海部に、次のような条件を備えた日本のゲートウェイ(玄関口)を計画します。

1.陸海空の流通条件の整備

 日本の中央という地理的な優位性を活かして、完成車やパーツの流通にとって欠かすことの出来ない、港湾(三河港)、高速道路(東名、第二東名)、空港(中部国際空港)の一体的な整備を進めます。

2.日本企業と外資系企業の集積交流ポイントの整備

 日本国内で最大の自動車産業が集積する当地域に、外資系企業が立地集積しやすい環境を整備し、あわせて日本企業と外資系企業が活発に交流できるビジネスポイントを整備します。

3.環境を重視した企業展開に対応できる地域整備

 環境を重視した企業展開に対応して、流通時の環境負荷を低減するための物流システムや、自動車リサイクルへの対応を進めます。


[ 国際自動車コンプレックス概要] [ 国際自動車コンプレックス機能 ]