本文へ移動
メニューへ移動
豊橋・田原テレトピア計画

テレトピア構想は、ケーブルテレビ、インターネット、コミュニティ放送等の情報通信メディアを活用して、地域の情報化を促進し、地域社会の活性化を図ることを目的としています。

豊橋市は、平成8年3月に郵政省(現総務省)からテレトピア構想のモデル地域の指定を受け、インターネットや公共施設に設置された公共端末で、講座・イベントの案内や図書館の新刊情報などを提供してきました。

5ヵ年が経過した計画を見直しするにあたり、通勤・生活圏等社会経済的に一体となっている田原町に指定地域の拡大を図り、広域的な住民サービスの実現を目指す「豊橋・田原テレトピア計画」を策定しました。

その後、平成15年8月20日に旧田原町と旧赤羽根町が合併し、市制が施行され、田原市が発足したことに伴い、指定地域を旧赤羽根町まで拡大する現計画の見直しを行いました。


「豊橋・田原テレトピア計画」をPDFファイルでご用意しております.

豊橋・田原テレトピア計画(全文)

表紙、目次 [259KB]

I. テレトピア計画推進の背景 [112KB]
1. 対象地域
2. 対象地域の抱える課題並びに将来の発展方向
II. テレトピア計画の理念と目標 [513KB]
1. テレトピア計画の位置づけ
2. テレトピア計画の理念と目標
3. テレトピア計画の全体イメージ
III. システム等の整備計画 1 [50KB]
1. 計画の概要
III. システム等の整備計画 2 [86KB]
2. システムの構成
2.1 生涯学習情報システム
2.2 教育支援システム
2.3 行政情報システム
2.4 ボランティア情報システム
2.5 保健・医療・福祉システム
2.6 地域防災システム
2.7 タウン情報システム
III. システム等の整備計画 3 [82KB]
3. 利用者の見込
4. システムのもたらす効果
5. システムに関わる課題
6. 整備スケジュール
7. 推進体制
IV. その他 [142KB]
1. 担当部局等
2. その他