本文にジャンプします
メニューにジャンプします

男女共同参画セミナー報告(23-10)

男女共同参画セミナー報告(23-10)

平成23年男女共同参画推進セミナー
なりたい私を探しているあなたへ「今を生きる女性のための生き方講座」

男女共同参画推進セミナー「今を生きる女性のための生き方講座」を開催しました。

2012年2月1日・8日・22日・29日、3月7日(全5回) 水曜日 午前10時~11時30分
豊橋市男女共同参画センター 研修室1・2 参加人数33人
講師:第1回・5回 中島 美幸 先生(愛知淑徳大学講師)、
   第2回 石川 敦子 先生(愛知淑徳大学ジェンダー・女性学研究所職員)、
   第3回 具 ゆり 先生(名古屋YWCA講師)、
   第4回 今里 佳奈子 先生(愛知大学地域政策学部教授)


 この講座は、男女共同参画について学びつつ、女性の生き方についてあらためて考える機会となるよう企画し、開催しました。
 また、講座修了生のうちの希望者には、男女共同参画を地域に広めるための人材として、「とよはし男女共同参画推進ネットワーカー」に登録していただきました。

講座の様子

1日目 男女共同参画時代の生き方 講師:中島 美幸 先生

なでしこジャパンの快挙や子ども用おもちゃの宣伝広告に触れ、暮らしの様々な場面で、男女を区別する習慣がなくなっていることを紹介してくださいました。また、女性がイキイキと輝くには、「知る」「連帯」「勇気」が大事だと教えてくださいました。

2日目 女性がイキイキと輝く社会へ 講師: 石川 敦子 先生

日本の男女共同参画や女性の地位向上に大きな影響を与えた人として、男女雇用機会均等法の成立に尽力した赤松良子さん、「おひとりさまの老後」等で有名な上野千鶴子さんの生き方や業績について学びました。講義の途中で、職場での男女差別の経験があるか尋ねたところ、多くの手があがりました。

3日目 自分らしく生きるための自己尊重ワークショップ 講師:具 ゆり 先生

自分を大切にするには、自分を好きになることが大事で、女性は妻、母として自分を後回しにする傾向があるから、自分にも体の栄養(睡眠、食事など)と心の栄養(気持ちが良くなること:趣味、好きなこと)を与えてあげることが必要だと教えてもらいました。

4日目 あなたもチャレンジ!まちづくりに女性の力を 講師:今里 佳奈子 先生

実際にまちづくりで活動している団体の事例を紹介してくださいました。


今里先生は、愛知大学の特色ある学部として今年度からできた地域政策学部の教授です。最近よく耳にするようになった「まちづくり」について、分かりやすく講義をしてくださいました。少子高齢社会の今は、仕事と生活の領域に重なる部分が大きくなり、まちづくりに女性の力、視点は欠かせないそうです。。

5日目 おひとりさまの暮らしかた 講師:中島 美幸 先生

最後の15分程度、フリータイムとして気になることなどを先生に質問したり、意見交換をしました。


老後を迎えるにあたり、知識を見につけ、あらかじめどう生きたいかイメージしておくことが大事だと学びました。特に、孤独死の捉え方、お墓をどうするか、固定観念にとらわれない参考事例を紹介してくださり、自分はどうしたいか、どんな選択ができるかを考える良い時間を過ごせました。


受講後アンケート(参加した感想、印象に残ったこと)

  • ~であるべきなど、これまでの考えにしばられず、時代の変化や自分の生き方など違った視点で考えられると思った。
  • 何事も自分で調べること、学ぶことが大切だと気付かされました。それを実践するのが難しいのですが…。
  • お墓のことを考えさせられました。森への散骨や共同墓地のことを知ることができ、選択肢が増えて良かったです。
  • このセミナーで学んだことで、自分の意志や気持ちに自信が持てたので、夫や家族にもきちんと意見が言えそうだし、働いたり、社会へ進出できると思います。

みなさん、貴重なご意見、ご感想を ありがとうございました。