本文にジャンプします
メニューにジャンプします

男女共同参画セミナー報告(23-8)

男女共同参画セミナー報告(23-8)

平成23年サテライトセミナー(女性の健康支援セミナー) 

サテライトセミナー「意外に多い女性の病気 ~始めよう!セルフケア~」を開催しました!

  • 日時:2012年2月11日 土曜日 午前10時~11時30分(90分)
  • 場所:豊橋市男女共同参画センター「パルモ」研修室1・2・3
  • 講師:加藤 久美子 先生(名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長)
  • 受講者:女性76人

 この講座は、女性の生涯にわたる健康づくり支援の一環として開催しています。多くの女性が講座を受講し、100名収容可能な研修室がいっぱいになりました。
 身近な問題であるけれども、普段なかなか人に相談することが難しいテーマだったため、その疑問を解決する貴重な機会となったように思います。


講義風景

たくさんの方が、熱心に、加藤先生のお話に耳を傾けていました。

加藤先生は、具体的な事例やイラスト、写真を用いて大変分かりやすい講義をしてくださいました。明るくユーモアたっぷりに話してくださり、会場からはときおり笑い声もこぼれ、あっという間の90分でした。これまで泌尿器科のトラブルは恥ずかしくてなかなか相談しにくいと感じていた方も、みんなに起こりうる身近な病気であると分かり安心したようでした。


受講後アンケート

Q.講座の感想、特に印象に残ったことは?

  • 泌尿器科のイメージが変わりました。もっと身近に感じました。
  • 多くの人が悩んでいるので、気持ち的に楽になりました。
  • 知らないことがあまりにも多くて、本日の講座を受けに来てとても良かったです。
  • ときどき話題になるテーマではあるけれど、年のせいだよの一言で終わっていたことが、このセミナーでいろいろな治療法があることを知り、とても役にたちました。骨盤臓器脱は初めて知り、びっくりしました。
  • 2種類の尿失禁があるのが分かりました。参考になりました。病院に行ったときに聞く時の参考にします。
  • 恥ずかしい病気ではない、受信が恥ずかしいことではないことが分かりました。
  • 悲観しなくて良い、今は良い手術があることが分かりました。
  • 膀胱炎で悩んでいる人が身近にいるので、前向きに治療するように勧めてあげたいです。
  • 女性だと内科ではなく、女性のお医者さんのいる泌尿器科に行きたいと思いました。

みなさん、貴重なご意見、ご感想を ありがとうございました。


※ この講座は、 (財)あいち男女共同参画財団、豊橋女性団体連絡会との共催により開催しました。