本文にジャンプします
メニューにジャンプします

男女共同参画セミナー報告(24-1)

男女共同参画セミナー報告(24-1)

平成24年ライフアップセミナー1 

ライフアップセミナー「好かれ、信頼される人の自己表現、コミュニケーション」を開催しました!

  • 日時:2012年5月13日・27日・6月10日・24日(全4回) 全て日曜日
       午前10時~12時00分
  • 場所:豊橋市男女共同参画センター「パルモ」 研修室 
  • 講師:平野 美保先生(ナレーター・司会業)、
       加藤 三保子先生(豊橋技術科学大学教授)、
       外村 妃彩枝先生(日本報連相センター会員)、
       寺島 久代先生(シニア産業カウンセラー) 
  • 受講者:働く女性、または将来働きたいと考えている女性 31人

  この講座は、働く女性の応援講座です。女性が職場で活躍するためのコミュニケーションスキルやストレスへの対処法を学びました。 20代から50代まで幅広い年齢層の女性31人が参加されました。


講義風景

1日目 自分を素敵に自己表現しよう <講師>平野 美保 先生


コミュニケーション能力とは、意思疎通、協調性、自己表現力だそうです。 コミュニケーション能力をあげるためには、わかりやすく話をしたり、ものの言い方を工夫したり、自分の声を磨くことが大切だとわかりました。 隣同士自己紹介したあと、隣に座った方を他の受講者に紹介するというワークの体験は、みなさんとても勉強になったと感じたようでした。


2日目 コミュニケーションのいろいろ <講師>加藤 三保子 先生

言葉は、性別、年齢、職業、場面によっていろいろな違いがあり、私たちはTPOにあった言葉を選んで話をしています。わたしたちの使う言葉は時代とともに変化し、現代社会では若者を中心にユニークな言葉が生まれ、女性の社会進出などから差別的な表現を修正する動きが出てきていると紹介してくださいました。私たちは、ときに言葉の変化に敏感に対応しつつ、世代間の言葉のギャップに対しては文化の違いを楽しむというような心の持ちかたができると良好な人間関係をつくりやすいと感じました。


3日目 真・報連相でキャリアアップ! <講師>外村 妃彩枝 先生


報連相というと、「職場」で必要なこと、大切なこと、という認識でしたが、講義が始まってすぐに、実は、日常的に家庭の中でも報連相が行われていると教えられました。職場や家庭で報連相が行われるには、まず人間関係が良好であることが大前提で、報連相が組織の中でできていると人間関係がさらに良くなり、さらに報連相も質の高いものになるという良いスパイラルが生まれるそうです。


4日目 イキイキと働きつづけるために <講師>寺島 久代 先生


心の健康を保つには、自分の心の状態に耳を傾け、不調と感じたら早めの対策が必要です。また、睡眠、食生活といった生活習慣や周囲の人とのコミュケーションのとり方、物事や自分に対して偏った考えかたをしていないか、などに注意することも大切です。そして、自分なりのストレス解消法を探しましょう!(講座の中では、自分はどんなふうにストレスを解消しているかお互いに語り、共有しました。ハーブやアロマの香りは、心をリラックスさせてとても良いようです。)


受講後アンケート

Q.セミナーに参加して特に印象に残ったこと、良かったことは?

  • 漠然と言葉で知っていたことをあらためて深く知り良かったと思います。
  • 毎回違う先生からいろんな話を聞けて良かったです。 仲間づくりもできました。
  • セミナー講師の方の生き生きした女性が良かったし、私も生き生き目標を持っていきたいと感じたセミナーでした。
  • 報連相セミナーが、自分が思い込んでる報連相よりも深く踏み込んだ内容だったため、参考になりました。
  • 自分と向き合える時間で、見つめあえる内容が良かったです。生活や将来仕事をするにあたってとても参考になる講座ばかりで、 受講できて良かったです。
  • キャリアアップしていくには、仕事時間だけでなく家庭での報・連・相、コミュニケーションも大切。

  みなさん、貴重なご意見、ご感想をありがとうございました。