当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
入院した時の食事負担額

標準負担額減額認定証

 市民税非課税世帯の方は、申請により「標準負担額減額認定証」が交付され、入院時の食事代を減額することができます。

 また、入院期間が過去一年間で合計91日以上になると長期該当となり、更に減額をすることができます。

 長期該当には申請が必要です。該当した場合は入院日数を証明できるもの(領収書や入院証明など)を持って申請に来てください。


【申請手続き】

 本人が申請する場合・・・・本人の国民健康保険証

 本人以外が申請する場合・・申請者の国民健康保険証

              窓口に来る方の身分証明証(写真付)、委任状

  ※長期該当に該当する方は、入院日数を証明できるもの(領収書や入院証明など)


【申請場所】

 市役所西館1階 国保年金課