本文にジャンプ移動します
メニューにジャンプ移動します

2014年度報道発表資料

2014年度報道発表資料

特定外来生物「セアカゴケグモ」の生息確認について

2014年9月5日


概要

平成26年9月2日~4日にかけて、豊橋市神野ふ頭町において特定外来生物の「セアカゴケグモ」計3匹が確認されました。

セアカゴケグモ

詳細

○これまでの経緯
平成26年9月2日(火)
豊橋港湾合同庁舎敷地内において、三河海上保安署職員が1匹のセアカゴケグモと疑われる個体を発見したとの通報があり、豊橋市職員が回収。
9月3日(水)
豊橋市職員が、豊橋港湾合同庁舎敷地内とその周辺を踏査調査したが、発見できず。
9月4日(木)
専門家が先に回収した個体を確認したところ、セアカゴケグモであると同定。また、発見場所に同行していただき、再度、踏査調査を行ったところ、更に、敷地内において2匹を確認。
○今後の対応
 ・周辺企業等には、チラシを配付し、注意喚起を図っていきます。
 ・市のホームページにおいてセアカゴケグモについての注意喚起を行います。
○セアカゴケグモについて
 雌のセアカゴケグモは、体長が7~10mm程、腹部は丸く、全体が黒色で、背面に赤色の縱条があるのが特徴で、毒を持っています。なお、毒を持つのは、雌のみで雄は無毒です。
○セアカゴケグモをみつけたら
 ・素手で捕まえたり、さわらないように気をつけてください。
 ・駆除するには家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)の使用、熱湯をかける、靴で踏みつぶすなどの方法で駆除してください。
 ・万が一咬まれた場合は、すみやかに医療機関を受診してください。
○情報提供のお願い
 セアカゴケグモを発見、駆除した場合は、豊橋市環境保全課(電話0532-51-2385)までお願いします。
※詳しくは、別添資料「セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモにご注意ください!」(環境省)をご参照ください。