当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
こども家庭課

児童扶養手当と公的年金等との併給制限が見直されます

2015年2月20日
 平成26年12月1日より児童扶養手当法の一部が改正されました。
これまで、公的年金等を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は公的年金給付等の額が手当額よりも低い場合に差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。
※公的年金等:遺族年金、障害年金、老齢年金、遺族補償、労災年金など

申請手続きの詳細については、子育て支援課にお問い合わせください。

担当事務

児童手当、ひとり親家庭への手当・相談・自立の支援、児童相談、子育て支援、情報提供、子ども医療・母子父子家庭等医療、児童クラブ、放課後子ども教室、子ども・若者の自立支援、子ども・若者支援地域協議会、総合相談窓口

カテゴリ一覧