本文にジャンプします
メニューにジャンプします

防災危機管理課

防災危機管理課

弾道ミサイル落下時の行動について

2017年4月21日

もしも弾道ミサイルが発射され、
     特別なサイレン音とともにメッセージが流れた場合は、


【屋外】  頑丈な建物や地下に避難!
      避難できない場合は、物陰に身を隠す!地面に伏せ頭部を守る!

【屋内】  窓から離れる!窓のない部屋に移動!

  ◇ ◇ 行政からの指示に従って落ち着いて行動してください ◇ ◇


 
 平成29年4月21日付で、内閣官房より「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動」について住民の理解が進むよう、各地方公共団体のホームページ等を活用した広報実施の依頼がありました。

 つきましては、内閣官房の国民保護ポータルサイトで、「弾道ミサイル落下時の行動」について情報提供されていますので、下記のリンクからご覧ください。

 なお、本市では、有事の際に、市民の生命、身体、財産を保護するため、豊橋市国民保護計画を策定し、弾道ミサイル落下時の避難など、その対応行動について定めています。

 また、弾道ミサイル発射時には、Jアラート(全国瞬時警報システム:詳細は下記リンク参照)を通じて国が発信した情報を同報系防災無線の屋外拡声子局から放送するよう備えています。


 関連リンク                             

内閣府国民保護ポータルサイト(新しいウインドウが開きます)

豊橋市国民保護計画

Jアラート(全国瞬時警報システム)について   
               



担当事務

防災対策の推進(防災知識の普及・啓発、自主防災組織の育成、防災施設の整備、地域防災計画、災害対策本部)、国民保護計画、総合的な危機管理の推進

カテゴリ一覧