当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文へ移動
メニューへ移動
行政課

平和に関する資料の貸し出しを行っています

2019年8月1日

DVDの貸し出し

  市内での戦争体験談などを収録したDVDを各地区・校区市民館、中央図書館、

  市役所じょうほうひろばで貸し出しています。

 

No.

タイトル

貸し出し場所

貸し出し期間等

1

公会堂の鷲が見ていた豊橋空襲外部サイトへのリンク じょうほうひろば
中央図書館
地区・校区市民館
無料です。
1回の貸出につき1週間
※図書館のみ2週間

2

軍国まっただ中 豊橋の中学生外部サイトへのリンク

3

豊橋の人々の戦争体験外部サイトへのリンク

じょうほうひろば
中央図書館

4

豊橋と周辺地域の戦争遺跡外部サイトへのリンク

【各DVDはYouTubeでもご覧になれます】※タイトルをクリックすると新しいウィンドウが開きます。

 

戦争体験談映像DVDについて  

1. 「公会堂の鷲が見ていた豊橋空襲」(17分)

昭和6年(1931)に完成以来、豊橋空襲でも焼け落ちることなく残ってきた豊橋のシンボル「公会堂」の塔上にある"鷲"を中心に描いた作品です。
「男の子は国民服、女の子はモンペ・・・ボタンはせとものだった・・・」
小学生が当時の状況を身近に感じることができるように、当時、小学生だった「おじいさん」とその孫(現在10歳)が戦争当時の生活、豊橋空襲から海軍工廠、原爆投下、敗戦・復興までの出来事などを、体験談、遺跡とともに紹介しています。
※ 小学校での教材として活用することを前提に制作しました。

2. 「軍国まっただ中 豊橋の中学生」(20分)

戦争末期、真夏の朝、穏やかな田園風景、交わされる母と子の何気ない会話から始まる一日。
「豊橋の中学生7,600人が動員された・・・」
豊橋を中心とした、この地域の人々が実際に体験した戦争を、当時中学生だった人々の言葉で紹介するものです。駆り出され、働かされた軍需工場や軍の兵営でのこと、空爆により逃げ迷ったことなどを、体験談、遺跡とともに紹介しています。
※中学校での教材として活用することを前提に制作しました。
 平成20年度愛知県広報コンクールにて入選しました。 
          

3. 戦争の時代を伝える 「豊橋の人々の戦争体験」(170分)

広報とよはしにより応募があった69歳~88歳の男女16名を含む、市内在住者など計38名の戦争体験者(豊橋空襲10名、豊川海軍工廠9名、広島での原爆3名、外地での従軍11名ほか)から約半年かけてインタビューし、編集したものです。視聴者が理解しやすいように、戦争を体験された方たちの話を時代と場所で区分し、紹介します。
なかでも、「今まで人に話すことがなかった」と語る外地での従軍体験からは、戦争の悲惨さ・残酷さだけでなく、戦後60余年間持ち続けてきた深い悲しみが伝わってきます。

     

4. 戦争の時代を伝える 「豊橋と周辺地域の戦争遺跡」(22分)

実際に私たちが暮らしている豊橋の街中や近隣の市町村など身近なところにある建物などを「戦争の証」として登場させることで、今では図書や映像の中でしか知ることができない「戦争」について考えていただく構成となっています。古めいた建物など当時の状況を理解できるよう、建設目的や時代、場所、それにまつわる出来事などをナレーションで説明しています。

 

 

<参考> 地区・校区市民館貸出ポスター(PDF41KB)
     地区・校区市民館貸出ポスター

 

  問合せ 行政課(電話:51-2028)

 

図書資料の貸し出し

 

  中央図書館平和図書関連コーナーで約270冊の資料を貸し出しています。

 

  問合せ 中央図書館(電話:31-3131)

 

関連項目

 

担当事務

条例の制定、文書管理、地方分権、行政改革、統計調査、統計資料、情報公開

カテゴリ一覧