本文へ移動
メニューへ移動
2013年2月

2月27日「市長と若者の懇談会」を開催しました

画像をクリックすると拡大します。

2月27日(水)、市役所東41会議室で「市長と若者の懇談会」を開催しました。
懇談会は愛知大学・豊橋技術科学大学・豊橋創造大学の学生7名と佐原光一市長ほか6名の市関係者で行われ、若者の地域貢献活動などの経験をいかした鋭い意見に市長らが大きくうなずく場面もあり、おおいに盛り上がりました。

2月26日鈴木明子選手が市長を訪問されました

画像をクリックすると拡大します。

2月25日(月)、鈴木明子選手が、来月開催される世界フィギュアスケート選手権大会出場と四大陸選手権結果報告のため、佐原市長を訪問されました。
花束贈呈が行われた東館1階市民ロビーでは、多くの職員が集まり、鈴木明子さんの来庁を歓迎しました。
その後、市長応接室で鈴木明子選手は4大陸選手権の銀メダルを披露し、佐原市長からは豊橋記念メダルを贈呈しました。
※写真は豊橋記念メダル贈呈のようす

2月21日「豊校区地域懇談会」が豊岡地区市民館で行われました

画像をクリックすると拡大します。

2月20日(水)、「豊校区地域懇談会」が豊岡地区市民館で行われました。今回の懇談会では「豊校区内の危険な交差点の安全対策について」「豊校区市民館の駐車場整備について」「豊岡地区市民館のリニューアル計画について」「豊小学校の通学路の改善について」の4議題の市からの説明に耳を傾け、解決策について議論しました。

2月12日天下の奇祭「鬼祭」が開催されました

画像をクリックすると拡大します。

2月10日(日)・11日(祝)の2日間、「鬼祭」が安久美神戸神明社(八町通三丁目)で開催されました。
天下の奇祭とも言われる「鬼祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、「祇園祭」「羽田祭」と並んで豊橋市を代表する三大祭のひとつです。
2日間にわたり、赤鬼と天狗のからかいをはじめ、青鬼と岩戸の舞、神楽、田楽など多くの行事が催されました。特に、赤鬼と天狗のからかいの後に撒かれる白い粉は、浴びると夏病みをしないと言われ、観覧者は真っ白になりながら歓声をあげていました。
(写真は「赤鬼と天狗のからかい」のようす)

2月7日「老津校区地域懇談会」が老津校区公民館で行われました

画像をクリックすると拡大します。

2月6日(水)、「老津校区地域懇談会」が老津校区公民館で行われました。今回の懇談会では「豊橋農協旧老津支店跡地の有効利用について」「老津校区の防災対策について」「空家対策について」「国道259号線から臨海道路に抜ける交通渋滞対策について」などについて議論が交わされました。現状の防災対策、校区の交通渋滞対策の問題点や今後の対応などについてさまざまな意見交換を行いました。

2月6日「災害時における隊友会の協力に関する協定書」の調印式が行われました

画像をクリックすると拡大します。

2月6日(水)、豊橋市において大規模災害が発生した場合に、市が行う災害応急対策活動に対して、隊友会豊川支部会が協力支援を行う協定書の調印式が、隊友会豊川支部溝口龍之介会長と佐原市長との間で行われました。

2月4日「CSN豊橋」の皆さんが市長を表敬訪問されました

画像をクリックすると拡大します。

外国人の子どもの学習支援を始め、豊橋市、自治会などと協力して地域を巻き込んだ取り組みを行い、外国人の子どもが地域に溶け込めるようにするなど、多文化共生の推進に尽力されている「CSN豊橋(代表山崎麻乃さん)」が「平成24年度愛知県多文化共生推進功労者表彰(団体の部)」を受賞され、佐原市長を表敬訪問されました。