本文へ移動
メニューへ移動
2013年5月

5月30日 佐原市長が中核市市長会の会長に就任しました

画像をクリックすると拡大します。

5月29日(水)、東京都千代田区の都市センターホテルで平成25年度中核市市長会総会が開催され、佐原光一豊橋市長が新会長に選出されました。
総会では平成25年度の事業計画等を決定するとともに、「国の施策及び予算に関する提言」及び「地方公務員給与と地方の自主性に関する要請」を採択し、提言書及び要請書を総務省等に提出しました。

5月27日 米国トリード大学の学生が来豊し、佐原市長を表敬訪問されました

画像をクリックすると拡大します。

5月27日(月)、豊橋市の姉妹都市である米国トリード市から、トリード大学の学生9人と日本語学科教授1人が来豊し、佐原市長を表敬訪問されました。
一行は5月26日(日)から6月2日(日)まで豊橋市に滞在し、ホームステイ先や地域での親善交流のほか、市施設の見学や、愛知大学の訪問などをとおして、両都市の友好関係の発展に努めます。

5月24日 平成25年度豊橋市水防訓練を行いました

画像をクリックすると拡大します。

5月24日(金)、大村町の豊川右岸で水防訓練を行いました。
大村町地内において堤防越水危険の状況に至ったという想定の中、陸上自衛隊、豊橋市消防団、豊橋警察署、下条校区防災会をはじめ多くの機関・団体などが参加しました。
訓練では、ボートによる水難者救助、土のう作成、排水活動などを実施し、参加者は一致団結して水防活動を体験しました。
(写真は「水難者救助」のようす)

5月22日 アカウミガメの初産卵が確認されました

画像をクリックすると拡大します。

アカウミガメの数少ない産卵地の一つとされる表浜海岸で5月20日(月)午前5時20分頃、本年度初の産卵が確認されました。

アカウミガメは毎年5~8月に上陸・産卵し、卵は10月頃までにふ化します。絶滅危惧種であるアカウミガメと貴重な海岸環境を守るために、海岸では次のことにご協力をお願いします。
・アカウミガメはとても警戒心が強く音や光に敏感なので、夜になったら騒がず、深夜におよぶたき火や花火はやめましょう
・アカウミガメはきれいな砂浜にしか産卵しないので、自分のゴミは自分で持ち帰るなど、積極的に砂浜をきれいにしましょう
・夜間に上陸したアカウミガメを見つけたら、照明を消し、遠くから静かに見守りましょう

5月7日 花交流フェアを開催しました

画像をクリックすると拡大します。

5月3日(金)~5日(日)、豊橋公園で花交流フェアを開催しました。
晴天に恵まれ、色とりどりの花が溢れる中、会場では苗木やユーキ肥料の無料配布、写生大会、豊橋レクレーション協会による遊びコーナー、フリーマーケットやバザーが行われたほか、ええじゃないか豊橋伝播隊DOEEによるダンスパフォーマンスや豊橋市消防音楽隊による演奏などが披露され、大いに盛り上がりを見せていました。